吉野北人 自分を〇〇系男子に例えると…?「ライバルがいても絶対引かない!」恋愛観も明かす

dwango.jp news


アニメ化もされたぢゅん子原作の超絶人気コミック『私がモテてどうすんだ』がついに映画化、7月10日(金)より全国公開となる。男子同士の妄想を楽しむぽっちゃり腐女子の女子高生・芹沼花依(富田望生)は、ある日、激ヤセして超絶美少女(山口乃々華)に変身。そんな彼女に恋をしてしまったのが4人のイケメンたち。サブカル系先輩の六見遊馬(吉野北人)、スポーツ系同級生の五十嵐祐輔(神尾楓珠)、チャラい系同級生の七島希(伊藤あさひ)、ツンデレ系後輩の四ノ宮隼人(奥野壮)。予測不能のミラクル・ラブコメディがいざ開幕。そこでドワンゴジェイピーnewsでは、六見遊馬を演じたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーでもある吉野北人に直撃インタビュー!



――まずは原作コミックを読んだ感想からお聞かせください。

「これまでほとんど少女漫画は読んだことがなくて。実際、原作を読んでみたら、あまり現実味がなく、妄想が飛び交う物語で…少女漫画ってこういうことかって思いました(笑)。でも、登場するキャラクターたちはすごく個性的で。自分が六見遊馬を演じると思うと楽しみになりました」

――そんな六見遊馬とは、どんなキャラクターですか?

「ものすごく自然体な男子。最初、原作を読んだときは自分が演じるイメージがまったく湧かなくて。見た目も性格も違うので、うわっ、難しそう!って思いました(笑)。平沼(紀久)監督からは“六見だったら、どう考えて行動するかを考えて生活してみて”って言われたので、自分が六見だったら、どうやって歩くんだろう?どうやって話すんだろう?ってことをひたすら考えました。でも、やり過ぎてしまうと違和感が出てしまうので、撮影前は本当にこの役が自分に演じられるのかっていう不安が大きかったですね」

――ほかの共演者からは六見を演じるにあたり、何か言われましたか?

「撮影中は“すごい六見じゃん”って言われました(笑)。でも先日、(神尾)楓珠と取材したときは“(普段の自分に)戻ったね”って言われて。撮影中はかなり六見に入り込んでいたみたいです」

――今回の物語では4人の男子が芹沼花依にアタックします。吉野さんが一番、ライバルにしたくないのは?

「誰だろ?う~ん、(奥野)壮は嫌かな。すごくモテそうだし、絶対に勝てなそう(笑)。あぁ見えて、男らしいところがありますからね、壮は。でも、実際に僕にもし好きな人が出来たらライバルがいても絶対にひきません!」

――好きになった人が腐女子でも?

「全然、大丈夫!好きになったら関係ないというか。逆に好きな人のことは全部を知りたいタイプなので、腐女子だということを隠さず言ってくれたほうがいいですね」

――そんな彼女がTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー同士でカップリングを妄想していても?

「あ……それはちょっと嫌かも(笑)。でも、恋人になってくれたら、そういう妄想を忘れさせるぐらい、僕に夢中にさせます!!」

――劇中では男子4人と女子1人とのデートシーンもありました。そういうデートは許せますか?

「まだ付き合う前だったら、アリじゃないかなと思います。みんながその人のことを好きであれば、女性が嫌がらないという前提で4対1のデートもいいのかなと思います」

――その男性がTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーだったら?

「それは無理かも(笑)。メンバーと女の子を取り合うというのは、あまり考えたくないですね(笑)」

――吉野さんが演じる六見は“サブカル系先輩”という肩書きがあります。自分を〇〇系男子と例えるなら?

「九州男児系男子。僕、顔立ちのせいか草食系って思われがちなんですけど、結構、好きな女の子ができたらガツガツいきますので。ただ九州男児でも、お酒は飲めません(笑)」

――共演したメンバーとエピソードがあったら教えてください。

「現場はもう本当の学生みたいなノリで、しりとりをしたり、ご飯にも行ったりしました。僕が一番年上だったので“ご飯に行こうよ”って僕から誘って焼き肉を食べにも行きました。何か決め事をするときは率先してやっていましたね。差し入れとかも用意するんですけど“何がいい?”とか聞いたりもしていて。人気店の焼肉ロールを頼まれたりもしたんですけど、残念ながら品切れで差し入れはできませんでした(笑)。だからマスカットやたまごサンドを差し入れたんです」

――花依は腐女子だということを六見たちに隠していましたが、吉野さんがTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバーに隠していることってありますか?

「メンバーには何でも言っちゃうんですよ、オープンな性格なので。今、ゲームにハマっているとかも。う~ん、なんだろう?あっ、シャワーは絶対に夜派です。朝、シャワーを浴びることはありません。朝、顔を洗わないこともあるぐらい(笑)。洗髪や洗顔はあまりやり過ぎてもダメって聞いたことがあるので。乾燥肌でもあるので、あまり(顔の)油を流し過ぎないほうがいいみたいです」

――みなさんでのダンスシーンも公開前から話題になっていました。

「普段、踊っているダンスとは違って、キャッチーでかわいい振り付けでした。キャストのみなさんやエキストラの方たちと踊ったんですけど、すごく楽しくて。楓珠はダンスが苦手らしくて、いろいろ大変そうでしたね(笑)。でも、その初々しさがすごくかわいかったです」

――ステイホーム期間は、家ではどんなことをしていたんですか?

「最初のころは自炊を頑張っていたんですけど、最近は自炊に疲れて出前も多くなりました(笑)。あとは映画やドラマ、海外のアーティストさんの映像を見ることが多かったです。外に出られるようになってから10kmぐらい散歩しています。音楽を聴きながら、街並みを見て歩くのはすごく楽しいです。週に2~3回ぐらい散歩してるんじゃないかな(笑)」

――最後に映画『私がモテてどうすんだ』を見てくださる方たちにメッセージをお願いいたします。

「この作品は面白い展開も多いですし、キュンキュンするポイントもたくさんあって、いろんな方たちに楽しんでいただける映画だと思います。映画館に行けないような状況が続いていたので、ぜひこの作品を観て思いっきり楽しんでください」

映画『私がモテてどうすんだ』

2020年7月10日(金)全国公開

出演:吉野北人 神尾楓珠 山口乃々華(E-girls) 富田望生 伊藤あさひ 奥野壮(男劇団青山表参道X)

上原実矩、坂口涼太郎、水島麻理奈、ざわちん、中山咲月

優希美青、宮崎秋人、戸田菜穂

原作:ぢゅん子「私がモテてどうすんだ」(講談社「別冊フレンド」刊)

監督:平沼紀久

脚本:吉川菜美 / 福田晶平 渡辺啓 上條大輔 平沼紀久

主題歌:Girls² 「私がモテてどうすんだ」(Sony Music Labels Inc.)

企画・配給:松竹

(C)2020『私がモテてどうすんだ』製作委員会 (C)ぢゅん子/講談社

文:今 泉

写真:稲澤 朝博

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ