ビビッとくるとはいうけれど… 運命の相手だと直感する時の感覚

fumumu

2020/7/9 06:00

赤い糸(undefined undefined/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
運命の相手に出会った時は衝撃が走るといいますが、実際、運命の相手を直感した人はどのように感じたのでしょうか。fumumu取材班は聞いてみました。

(1)時間や場所を忘れる


衝撃が強いあまり、あらゆることが抜け落ちてしまうそうで…

「人には、初対面で顔を合わせた際や、会話の際に、直感で『運命の相手だ』と認識する能力があるようです。その時は、時間の感覚が消える、場所の感覚が消えるのだとか。


どれぐらい時間が経過したかわからないため、長く感じたり短く感じたりしますし、今いる自分の場所や自分の立場を忘れてしまうのだそうです」(40代・女性)


関連記事:運命の相手を見極められるようになる! 「直感力を磨く」5つのポイント

(2)引っ掛かりが全くない


歯車がまるで噛み合ったように感じたという女性は…

「『良い人がいれば』くらいに思っていた私が結婚を決めたのは、ビビっとくる男性に出会えたから。彼とは、結婚生活に対する価値観、金銭感覚、親への想い、料理の好み…いろいろな面でぴったり合います。


今思えば、出会った瞬間から”嫌な感じ”や”引っ掛かり”がいっさいなかったんですよね。ほかの人とは、口癖や食の好みなど、細かな点でしっくりいかないことがありましたから。一緒にいて本当に楽で、結婚して良かったなって思っています」(49歳/女性)

(3)「あ、なんでも話せる…」


なぜか、話すつもりのなかったことまで言わせる能力の持ち主っていますよね。

「彼とは最初から話をしやすく、いろんなことを言いたくなり、自分の良くない過去の話や悩みなど、次から次へと明かせました。


『あ、私この人にはなんでも話せるんだ』って思ったのと同時に、一生離れたくないって思いました。付き合ってもう3年、このままゴールに向かいます」(35歳/女性)


こんな人に会えたら素敵ですね。

・合わせて読みたい→結局はなにもせずに…行動するまで時間がかかった人の末路

(文/fumumu編集部・神崎なつめ)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ