東宝ミュージカルの歴史を辿る『THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE』 井上芳雄、山崎育三郎など出演者が明らかに

SPICE



2020年8月14日(金)~25日(火)帝国劇場にて開催される『THE MUSICAL CONCERT at IMPERIAL THEATRE』。本公演のMCと出演者が発表された。

本作は、東宝ミュージカルの歴史を辿り、未来につなげるプレミアムな祭典と題したコンサート。構成・演出を小林香が手掛ける本公演について、公式サイトでは下記のように紹介している。

AGE1は1963年より始まる日本のブロードウェイ・ミュージカル黎明期から、1987年の『レ・ミゼラブル』登場までの上演作品を中心に、東宝が上演してきた絢爛たる名作ミュージカルをお届け。楽曲は、『マイ・フェア・レディ』『サウンド・オブ・ミュージック』『王様と私』『キス・ミー・ケイト』『屋根の上のヴァイオリン弾き』『ラ・マンチャの男』『スイート・チャリティ』『アニー』『ナイン』『シカゴ』『ピピン』『レ・ミゼラブル』などを披露。

AGE2は、1990年代、ウェストエンドを中心に花開いたグランド・ミュージカルの数々を中心におくる。楽曲は『オリバー!』『南太平洋』『ラ・カージュ・オ・フォール』『エニシング・ゴーズ』『ミス・サイゴン』『ガイズ&ドールズ』『回転木馬』『シー・ラヴズ・ミー』『42ND STREET』など。

そして、AGE3は2000年の『エリザベート』から始まるウィーン・ミュージカルと、帝劇発のオリジナル・ミュージカルを織り交ぜておくる。楽曲は『エリザベート』『モーツァルト!』『ダンス オブ ヴァンパイア』『マリー・アントワネット』『ルドルフ~ザ・ラスト・キス~』『レディ・ベス』『天使にラブ・ソングを~シスター・アクト~』『ジャージー・ボーイズ』『1789-バスティーユの恋人たち-』『ビューティフル』『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』『ローマの休日』『風と共に去りぬ』『十二夜』などから名曲を出演者たちが歌い上げる予定だ。

なお、本コンサートではプログラムを3つに分けて上演する。ProgramAは14日(金)から17日(月)、ProgramBは19日(水)~22日(土)、ProgramCは23日(日)~25日(火)の日程で展開。ProgramAとCのMCを井上芳雄、ProgramBのMCを山崎育三郎が担当。そして、出演キャストはProgramAは朝夏まなと生田絵梨花一路真輝今井清隆和音美桜加藤和樹城田 優瀬奈じゅん田代万里生新妻聖子花總まり古川雄大森 公美子。ProgramBは朝夏まなと海宝直人加藤和樹笹本玲奈涼風真世瀬奈じゅん田代万里生中川晃教花總まり、平原綾香福井晶一藤岡正明。ProgramCは朝夏まなと石井一孝一路真輝佐藤隆紀島田歌穂瀬奈じゅんソニン田代万里生平野 綾。さらにスペシャルゲストとして、市村正親がProgramA(17日昼夜のみ)、大地真央がProgramCに登場する。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ