宮野真守 “ワンカメラ長回しドラマ” で、タイムリープに翻弄される男の悲劇を演じる

dwango.jp news


声優の宮野真守が出演する「日清焼そばU.F.O.」が食べたいけど食べられない男の悲劇を描いたワンカメラ長回しドラマ『U.F.O.たべタイムリープ』が、7月14日(火)12時00分よりYouTubeLIVEで配信されることが発表された。



本ドラマでは、“「日清焼そばUFO」を食べようとするたびに様々な邪魔が入って食べることができない”という場面を何度も繰り返す、いわゆる“タイムリープ”に翻弄される男の悲劇を描くことで、空腹感を極限まで高めた状態で食べる「日清焼そばU.F.O.」のおいしさを訴求。脚本・演出は京都を拠点に活動する劇団「ヨーロッパ企画」が担当した。

宮野真守演じる会社員が、お昼休みに「日清焼そばU.F.O.」を食べようとお湯を注いで出来上がりを待っていると、突然目の前に上司が現れる。上司のせいで 「日清焼そばU.F.O.」を食べられなかった彼は、なんと「日清焼そばU.F.O.」を食べる前、つまり過去へとタイムリープしてしまうのだ。その後も、上司だけでなく部下、はたまたゾンビなど、予測不能な様々な存在に邪魔をされ続け……「日清焼そばU.F.O.」を食べたいのに食べられない“世界線”に迷い込んだ男の悲劇を描いていくというストーリー。

また、本作品は「日清焼そばU.F.O.」を用意して見ることで、劇中で主人公が追い求める「日清焼そばU.F.O.」と、手元にある「日清焼そばU.F.O.」がオーバーラップし、主人公の気持ちを味わうことができる視聴者参加型ドラマとなっている。

<撮影時の様子>

ワンカメラの長回し撮影ということもあり、現場は独特の緊張感に包まれていた。しかし、いざ撮影が始まると、宮野をはじめとした出演者と撮影クルーが息の合った動きを繰り広げ、ほとんどのカットが一発OKだった。宮野は、その熱演が現場の一体感を作りだしたのはもちろん、カメラが回っていないところでも共演者と談笑するなど、積極的にコミュニケーションを取っていた。こうした宮野の人柄によって、緊張感に包まれた現場の空気が、いつの間にか和やかなムードに変わっていた。

<宮野真守 コメント>

U.F.O.は普段から食べていたので、今回ドラマを作るという企画に選んでいただけてとっても嬉しいです。僕らしさ全開で挑みました!声優の僕とはまた違う一面を楽しんでもらえればと思います!

<ヨーロッパ企画 代表・上田誠 コメント>

予期せぬ焼そばの食べられなさはタイムリープに値するでしょう。「3分」をテーマにしたタイムリープ焼そばSFができました。

■日清焼そばU.F.O.『U.F.O.たべタイムリープ』

主演:宮野真守
監督:上田誠 / 山口淳太(ヨーロッパ企画)
脚本:山口淳太(ヨーロッパ企画)
出演:石田剛太 / 酒井善史 / 角田貴志 / 諏訪雅 /土佐和成 / 中川晴樹 / 永野宗典 / 西村直子 / 金丸慎太郎 / 亀島一徳 / 呉城久美 / 早織

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ