千鳥がブラマヨとの確執を告白 10年越しに謝罪するも「忘れたことはない」

fumumu

2020/7/7 14:00


千鳥

6日放送の『しゃべくり007 2時間スペシャル』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・千鳥 が出演。先輩芸人であるお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの吉田敬さんと、過去にあった確執について語りました。

■大阪時代はとがってた


この日、チュートリアルの福田充徳さんに「大阪時代からスゲーとがってた!」と暴露された千鳥の二人。

そんなネタ振りに乗じ、ノブさんは21歳くらいの頃、右も左もわからない状態でお笑いコンビ・ブラックマヨネーズが司会を務めていたオーディションライブでとんでもなく失礼な態度をとったエピソードを披露しました。


関連記事:千鳥・大悟「答え、出てるやん」 女性タレントへのアドバイスに相方ノブも興奮

■イジられてマジギレ


当時、個性的な漫才で見事オーディションに合格した千鳥は、吉田さんの気遣いを今思えば激しく無下にしてしまったと言います。

なんでも、たこ焼き屋でアルバイトをしていた大悟さんが着用していたジーパンに、大量の白い粉がついていたことに気づいた吉田さんが「きったねージーパンはいてんな!」とイジってくれたにもかかわらず、大悟さんは返す刀で「あんたの顔よりマシじゃい」と毒を吐いたのだとか。

■「ノブも悪い」と反論


「キーンってなった!」と当時のヒヤヒヤ感を表現したノブさんに対し、大悟さんは「確かにワシわるいですよ、でもノブも『失礼なこというな!』って言ってくれたらよかった」と反論。

ノブさんもノブさんで「大悟のそんなとこ言うなや」とガンを飛ばしていたと明かしました。

その後、楽屋に帰った二人は中堅の女性芸人に「あんたら今何言うたん!?吉田さんに謝りに行き!」と注意されてしまった為、謝罪をしようとブラマヨの楽屋を訪れたものの、吉田さんが「なんじゃあいつらぁ!」と、ノブさん曰く「ゴリラぐらい暴れていた」ことから、そのまま謝罪が出来ず10年の時が経ってしまうのです。

■吉田さんの怒りは10年越しに…


あれから10年後、吉田さんに「覚えてないかもしれないですけど…あの時はすみませんでした」と謝った大悟さんは、「一回も忘れたことはない」と言われたそう。

そんなエピソードで「先輩も恐れるイタイ若手時代」を振り返りました。

なお、しゃべくりレギュラーメンバーのくりぃむしちゅーも「こっちはもっと面白いことやってっから」という思いから若手時代は痛かったと話しており、「そんなん誰が使うのよ!!」今になって恥ずかしさを爆発させています。

ちなみに、大悟さんはブラマヨ吉田さんは今は良好な関係のようです。

・合わせて読みたい→指原莉乃、肉食女子大生の男子見極め方法に「普通はイヤです…」と驚愕

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ