これぞ夏のマスク! 装着したままビールが飲める

200706mixermask
Photo: Unnecessary Inventions

見た目ヤバみ。

マスクが当たり前の新しい生活。夏場のマスクは暑いので、ヒンヤリ素材のマスクが注目されていますが、本当に夏らしいマスクはこれだ。装着したままビールが飲めるマスク!

マスクのポケット部分には、16オンス(約450ミリ)のビールが入ります。1缶350ミリなら余裕、ロング缶の場合は、はいりきらないちょっとの分をサっとその場で飲んじゃえば余裕です。どうやら、口にあたる部分にある栓からビールをちゅちゅっと吸う仕様のようですね。もちろん、ビールじゃなくても、レモンチューハイやマルガリータなどお好きな飲み物をいれておけます。緩くなりそうなので、早め早めに飲みましょうね。

このビールマスク「Mixer Mask」は、Unnecessary Inventions(不必要な発明)という、まさにタイトル通りのネタアイテムばかり提案しているサイトが作っているんですが、おもしろアイテムなのに装着している人の目がまったく笑ってないの…。

コロナ対策もできるし、ビールもハンズフリーで飲めるけど、見た目は完全にヤベーやつなので、それ相応の覚悟でよろしく。

Source: Unnecessary Inventions via Internet Com

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ