マツコ、有吉弘行に「真性のMだね。生まれながらのM」と呆れる

※画像は、『マツコ&有吉 かりそめ天国』公式サイトのスクリーンショット

 

7月3日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、日常でよくある痛みに関して議論が交わされ、マツコ・デラックス有吉弘行のM気質を指摘するなど大盛り上がりとなった。

 

有吉「大人になると痛みに驚くんじゃないかな」

日常生活でよくある痛みについて、有吉はまず「(タンスの角などで)足の小指は相変わらずよく打つよね。何年生きてても家の中で『車幅』が分からないっていうね」と発言する。これにマツコは「年々痛くなってくる。何なのあれ、年取ってきてるから?アタシこの何年間か、小指がちぎれたと思ったもん、何回も」と大げさに返し皆大笑い。「痛さが、若い頃の痛さじゃないのよ」とマツコが続けて言うと有吉は「子供の頃ほど転んだりしないから、痛みに驚くんじゃないかな」と私見を語り「それか!擦り傷とかしている一環でぶつけてるのと、何もない穏やかな日常で急にぶつけてる、その差か」とマツコは納得していた。

 

続けてマツコが話題に出した痛みは「こむら返り」。「夜中に足つるときあるじゃない。その時どうしてる?」とマツコが問うと有吉は「つった時は黙ってるな。足を元に戻そうとする」と答え、一方マツコは「私たぶん人間がちっちゃいんだろうけど、あれは本当、ベッドの上で泣きじゃくる。グっと耐えることがこたえられなくて『あはーっ!もうっ!なんだよ!』って」と話し大爆笑。さらにマツコは「最近はあまりの恐怖から、(足がつると)予感する時は回避できるようになってきたね。あっ、来るって思ったらとりあえず全身脱力するの」と対処法を披露するも、有吉は「俺なんか、若い頃は足がつるのが楽しみだったもんね」と思わぬ発言をする。

 

「足の指とかグーッと力入れてわざとつらしてた事あったよ」と有吉が続けるとマツコは「真性のMだね。生まれながらのMなのね。怖くてできないよ、そんなこと」とあきれていた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ