「家相」を知り尽くす新占い師が登場!住む家で運命が決まる!?『突然ですが占ってもいいですか?』

7月8日に放送される『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系、毎週水曜22:00~)には、「家相」を知り尽くす女占い師・村野弘味(むらの・ひろみ)が登場する。

沢村一樹、水野美紀、みちょぱ(池田美優)がレギュラーを務める同番組は、芸能人も占うスゴ腕占い師が、街で突然占いを持ちかける“占い突撃番組”。人気占い師が街で出会った人たちを占ってみるとその街の特徴も垣間見える……!? イマドキの若者事情、家庭事情、職場事情、恋愛事情など、令和時代のリアルに切り込んでいく。

「家相占い」とは、生年月日などのデータはもちろん、引っ越した時期・方角、また選んだ家の間取りや向き、水まわり、そのすべてを取り入れながら鑑定する占術。中国発祥の「風水」とはまったくの別物で、日本古来から伝わり、あの徳川家も家相占いを使って江戸を繁栄させたと言われている。村野はこれまで、家相鑑定士として、さまざまな企業の経営者を3000人以上鑑定。とある会社の社長の家相を占ったことで、その会社の売上が3000万円から3億円にまで上がったこともあると話す。

そんな村野に興味津々の3人は、思い思いの質問をぶつけていく。すると村野は、「引っ越しは人生の分かれ道」などの名言を交えながら、家相占いの極意を明かし、「運気が上がる間取り」など、実践的なアドバイスも次々と伝授。「家相占いを学んだきっかけは?」と聞かれた際には、自身の壮絶な過去も告白する。また今回は、沢村の“引っ越し歴”をその場で鑑定することに。20歳の頃に俳優を目指して鹿児島から上京した沢村の、運気の変遷をたどっていく。さらに、自分も近々引っ越しを考えていると話すみちょぱに、村野が助言しようとすると、「ちょっと何!? 勝手に占わないで!」と、みちょぱがおびえてしまう一幕も。

そして、前回放送から始まった新企画「リモート占い」も実施。今回は木下レオン、星ひとみ、シウマの3人の占い師が、自宅にいる視聴者とオンラインで対面し、画面越しに運勢を占っていく。

まずは星が、石川県に住む26歳の看護師の女性を鑑定。生年月日・姓名判断・血液型・顔相・手相など、さまざまな要素を混ぜ合わせた天星術で占う星は、女性の趣味や、自宅の近くにどんな建物があるかなどを、次々と“LOCK-ON(的中)”。さらには出身大学まで名指しで言い当てる星に、女性本人はもちろん、スタジオで見守るみちょぱも「うわっ、鳥肌(が立った)!」と目を丸くさせるばかり。だが星はいたって冷静に、女性がこれから進むべき道を示唆していく。続いて、大阪在住の37歳の女性とリモートで対面した星は、画面を通じて女性の目や手のひらをじっとのぞき込むと、女性の現在の複雑な身の上を一瞬にして見抜き、的確なアドバイスを授ける。

一方、木下がリモートで占うのは、東京で暮らす38歳の派遣社員の女性。木下は、女性を一目見て、「頑張り屋な性格の反動で、スピリチュアルにハマるタイプ」と分析。すると、女性はかつて、とあるセミナーに通い詰め、とてつもない大金を注ぎ込んでいたことが判明する。しかし、その裏に、とある事情が隠されていることを知った木下は、「スピリチュアルに頼らなくても、あなたは大丈夫! 自分を変えてください!」と説得を開始。スタジオの水野に「今日のレオンさん、かっこいい!」、みちょぱには「ちょっと惚れちゃいました!」とさえ言わしめるほどの、熱のこもった占いが繰り広げられる。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ