映えて可愛い!「おこさまランチ」手作りアイデア7選

ウレぴあ総研

2020/7/7 06:30

おこさまランチは、つくっているそばから子どもたちの笑顔が楽しみ。しかもワンプレートなので手軽で洗い物も減ります。ぜひレパートリーを増やしましょう!

お料理の投稿をしているインスタグラマーのママたちに、ワンプレートにのせてつくるおこさまランチのアイデアを教えてもらいました。

■キャラクターの顔が超キュートな、おこさまランチ

まずはInstagramで可愛いメニューをたくさん投稿している主婦のpopotanさんのおこさまランチから。可愛いキャラクターの顔がいっぱいのおこさまランチは、子どもが大喜びしそうですよ。

■1. バター醤油焼きおにぎりランチ

くまの顔が可愛いおにぎりは、バター醤油焼きおにぎり。オーブンで焦げ目がつく手前まで焼いてあり、表面がパリッとしているそう。

目は海苔、鼻と耳はスライスチーズで作られています。添えられているゆでたまごやちくわのピックも可愛いですね。

■2.電子レンジで簡単・時短!オムライスのおこさまランチ

ひよこちゃんが可愛いこのオムライスは、電子レンジで簡単に作った時短モノ。

卵ととろけるチーズを丸い耐熱容器に入れて電子レンジでチン、ケチャップライスも具とごはんをレンジでチンして作ったそうです。

ケチャップは別添えにしてトマト風に。今回は、チャービルでトマトのヘタを表現していますが、なければレタスなどでも良いそうですよ。

■3.簡単スピーディーにできちゃう!たまごサラダトーストランチ

忙しく、時間のない朝でも、手軽に作れる&食べられるをモットーにした、たまごサラダトーストランチ。

真ん中は、たまごサラダトーストにポムポムプリンのキャラクターの顔を。帽子はウィンナー、耳はスライスチーズ、顔のパーツは海苔で描いています。

さくらんぼトーストはとろけるチーズにケチャップとピーマンの細切りでさくらんぼの柄にし、ミニピザ風に。トーストを焼いているうちに簡単なサラダ、フルーツ、ヨーグルトを用意して時短にも。

■本格派のおこさまランチと猫が浮かぶコーンスープが可愛いプレート!

続いては、3歳と5歳の息子さんを持つasukaさんのおこさまランチ。Instagramのアカウントでは、さまざまな可愛いメニューが投稿されています。その中から、おこさまランチを2つご紹介します。

■1.新幹線プレートのおこさまランチ

新幹線のランチプレートにのせられた、お店さながらのおこさまランチ。ある日のハンバーグの晩ご飯で余分に作っていたミニハンバーグを使ったそう。

チキンライスのおにぎりに入っている豆は、スナップえんどうの中の豆で、食べやすさもポイント。

つくりながら、長男さんが「おこさまランチには何が入るのかな~?」とウキウキしながらたびたび様子を見に来ていたので、何とか力を振り絞り頑張ったのだそう。

結果、子どもたちがすごく喜んでくれたという力作です。

■2.猫のコーンスープつけパンランチ

コーンスープの中に浮かぶ猫のパンが可愛いプレート。次男さんが、テレビCMでコーンスープにパンを浸して食べてるのを見て「食べたい!」と熱望していたことから作ったそう。

添えられているのは、食パン山型6枚切りを縦に4等分に切ってスティック状にしてトーストしたもの。そのまま、スープに浸して食べられます。

次男さんが「ニャーニャー!ネコさん、どうしてスープに浮かんでるの?」と話しかけていたそうですよ。可愛いですね!

■思わず眺めていたくなるおこさまランチ

続いては、製菓衛生師で調理師のワーキングマザー、Sakiさんのおこさまランチ2つ。6歳の息子さんと3歳の娘さんを持つママです。Instagramのアカウントでは、プロならではの可愛いメニューが並びます。

■1.顔つきホットドッグプレート

いつものホットドッグも、目がついていると思わず見とれてしまいます。お口の中はソーセージやスクランブルエッグ、レタスでいっぱい。目は海苔とチース゛で作っているそうですよ。

■2.くまさんコロッケのせカレープレート

こちらはある日の夕飯。カレーライスにくまさんコロッケがのっています。

子どもたちは、昨日とほぼ同じメニューなのに、特に娘さんはいつもコロッケを食べないのに、コロッケをくまさんにしたら、よく食べるようになったのだそう。すごい効果ですね!



可愛いおこさまランチやプレートを7つご紹介しました。どれも工夫が効いていて、子どもは思わず夢中になりそうなものばかりですよね! ぜひ参考にして、子どものおうちごはんを楽しみましょう。

【取材協力】

popotanさん(@popotan1522)

一児の母。家族が笑顔になれる、かわいい食事やキャラフード、手作りパンをInstagramで発信。

asukaさん(@haru_acca)

3歳と5歳の男の子のママ。子どもたちの笑顔が見たくて、毎日せっせと料理をつくっています。

Sakiさん(@sa_ta0502)

ケーキ屋に勤めている、6歳と3歳の2児の母。子どもたちと一緒に料理やお菓子を作るのが最近の楽しみ。

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ