アニメ『ULTRAMAN』シーズン2超特報にタロウ登場 鈴木達央「期待を超えます」

 神山健治と荒牧伸志の2人が監督を務めるフル3DCGアニメ『ULTRAMAN』のシーズン2より特報映像が公開され、声優の鈴木達央が演じる新キャラクターのタロウがお披露目された。

本作は、「月刊ヒーローズ」で連載中の、コミックス累計300万部を超える同名漫画を原作としたアニメ第2期。かつてウルトラマンだった早田進の息子が、新世代のウルトラマンになるべく奮闘する。

シーズン1は、3月に発表された「VFX‐JAPAN アワード2020」のTV・配信番組アニメCG部門で最優秀賞を受賞するなど国内外から高い評価を獲得。4月12日からのテレビ放送の好評を受け、異例のスピードでシーズン2の製作が決定した。シーズン2では、声優・鈴木達央が演じるタロウも登場する。

シーズン1に引き続き本作を手掛けるのは、『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズの神山監督と『APPLESEED』の荒牧監督。フル3DCGアニメーションとして製作され、ウルトラマンスーツの緻密な質感と、アニメーションならではのダイナミックなアクションが融合する。アニメーション制作は、Production I.GとSOLA DIGITAL ARTSが共同で担当する。

公開された特報は、シーズン1で激闘を繰り広げてきたウルトラマン、セブン、エースに続き、「俺はタロウ、ウルトラマンタロウだ!」と名乗りを上げるタロウの姿がお披露目された。

タロウ役の鈴木は、「原作を読んでいる時から、陽気な中にある芯の太さ、強さ、そして太陽のようなあのフォルムをフィルムではどうやって声にするんだろうと自分でも考えていた中のオファーでした」とコメント。続けて、「参加するからには、全てを凌駕する熱量で声を届けられたらと思っています。是非、楽しみにしていてください。期待を超えます」と意気込みを語った。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ