3歳少女が就寝中にベッドで野生のハリネズミに襲われる(英)

人が最も無防備になる時間帯は就寝時だ。ドアも窓も施錠し、いつものようにベッドに入り眠りについた3歳の少女を予期せぬ悲劇が襲った。

6月22日の早朝4時15分、イングランド中部ウォリックシャーにあるストラトフォード・アポン・エイヴォン(Stratford-upon-Avon)に住むチェルシー・ファウラーさん(Chelsey Fowler、32)は、同じベッドで寝ていた娘のエルシーちゃん(Elsie、3)が右足を抱えて叫ぶように泣く声で目を覚ました。暗闇で混乱する中、娘に何があったのかとエルシーちゃんの足をつかむと、なんとハリネズミが噛みつきぶら下がっていた。

チェルシーさんは当時の状況をこのように語っている。

「ハリネズミがいるなんて思いもしなくてパニックになったわ! とにかくハリネズミをエルシーの足から振り落としたの。ハリネズミは衣装箪笥の下に逃げ込んだわ。」

「エルシーはヒステリックに泣き叫んでいたわ! そりゃそうよ、ハリネズミを見たこともないし、存在を知りもしなかったんだもの。」

チェルシーさんはエルシーちゃんの足からハリネズミを振り落とすと、近くのベビーベッドで眠るグレーシーちゃん(Gracie、1歳半)を連れて階下に向かった。チェルシーさんはすぐさまエルシーちゃんの傷を消毒し、無料医療相談ダイヤルの「NHS 111」に連絡し指示を仰いだというチェルシーさんは当時のことをこう明かしている。

「彼らは私が冗談を言っているのか本気なのかわからなかったと思うわ。『とにかく血が止まっているなら落ち着いて』と言われたの。」

「朝になったら医師に電話して破傷風の予防接種を受けるようにアドバイスされたわ。」

そして家族は1階の部屋で一晩過ごし、翌日にエルシーちゃんは指示通り破傷風予防の注射を受けたそうだ。

チェルシーさん曰く、今でもこのハリネズミがどのようにして家の中に侵入したのか謎のままだという。しかし夜は施錠していたので、おそらく昼間にガーデニングに夢中になっている時、入り込んだのだろうと見ている。

カイラ・バーボティスさん(Kyra Barboutis)とソフィー・スミスさん(Sophie Smith)を代表に活動を行う地元のチャリティー団体「Hedgehog Friendly Town」が後にチェルシーさん宅を捜索したところ、家から大きなメスのハリネズミが発見された。このメスのハリネズミは「巣作りをする場所を探していたのだろう」とカイラさん達は考えているそうだ。

なおハリネズミに目立った怪我はなく、いくつかの検査の後で森にかえされた。

カイラさん達は「チェルシーさん宅近くにハリネズミを森にかえしたわ。ハリネズミのニット人形とハリネズミ用のごはん、あとエルシーちゃん用にハリネズミの本のしおりも添えてね」「エルシーちゃんには『ソーシャルディスタンスが解けたら、ハリネズミの病院にハリネズミを見においで』とも招待したわ!」と明かしている。

エルシーちゃんがこの悲劇を乗り越え、ハリネズミを怖がらずになるよう願うばかりだ。

画像は『UNILAD 2020年6月30日付「Hedgehog Attacks Sleeping Girl, 3, Leaving Her Screaming In Pain」(Magnus News)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 YUKKE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ