自称アンパンマン似の読モ、撮影の度にコンプレックスが増える…

女子SPA!

2020/7/6 15:46

 こんにちは。ライターの高木沙織です。

20代後半、某ファッション誌の読モ(読者モデル)をさせてもらっていた私。1か月に1度、撮影に呼んでもらえたらいいほうってくらい無名&活躍もしていませんでしたが、この読モ時代には本っ当にいろいろなことに気付かされ、学ばせてもらいました。

例えば、自分の写真うつりの悪さとか、写真うつりの悪さとか……ね(2回言うってことは相当なものです)。

◆私ってこんな顔なの?! 写真を見て衝撃

読モをする前だって写真に写ることはありましたよ。友人とデジカメとかスマートフォンを使って撮ったり、某プリントシール機……は、ちょっと違うか。当時は今のような美肌に修正する機能や目を大きくする、鼻・あごを細くするといった優秀なアプリもなかったけれど、そこまで悪くない写りだった……はずなんですがねぇ。

プロのカメラマンさんが撮ってくれた自分を見て、「あ、これカワイイ(自分で言うな、ですが)」って思う写真は奇跡の一枚レベル。

なんだろう、鏡で見る自分の顔や想像のなかの自分の顔との差が激しくて、「え、これが私?」って。よく、鏡を見るときというのは無意識のうちに“いい顔“を作っていると言うけれど、カメラの前に立つ私はよい子の味方アンパンマンに激似。

はじめてその顔を見たときの衝撃は、「この顔でドヤッてきてすみませんでした」と方々に謝ってまわりたいくらいのものでした。※アンパンマンは何も悪くありません。

でもあの超高性能なカメラでプロが撮るんだから、きっとこれが私の本当の顔なんだろうな。

◆カメラマン泣かせとは私のこと

写真に写る私の笑顔は、頬がぷっくりと丸く盛り上がりただでさえ大きいとは言えない目を下から押し上げます。口角を上げて笑おうとすればするほどに……、切ない。しかも、その目を何とかして見開こうとしているから狂気じみた目力を発してしまうし、「目が笑ってない」ってまさにこのこと。

「高木さん、100%の笑顔で!」とカメラマンさんに言われると、

「ますますブスに写ってしまう……、でも笑わなきゃ」って……、その写真については言うまでもありません。

瘦せてはいなかったけれど太ってもいなかったし、どうして頬が強調されるんだろうとほかの読モのシュッとした写真を見ては首を傾げたものでした。それ、バストアップの写真だと嫌というほどによーくわかります。引きつりかたがもう、芸術的な域。

一番はじめのスナップ撮影は、果敢にもポーズの取り方や表情の練習をせずに挑んで撃沈した私ですから、ちょっとは自分の見せかた・見られかたなんてものを研究するようになったのだけど、至近距離でカメラを構えられるとガッチガチ。顔も体もいろんなところに力が入っちゃう。

撮った写真を確認するカメラマンさんとライターさんが、「あれ?」みたいな感じで眉間にシワをキュッと寄せるのをなんど目にしたことか……。あーもう本当にごめんなさいって毎回反省していました。これはいつまで経っても慣れなかったなぁ。

◆コンプレックスばかりが増え始める

こんな感じで、写真に撮ってもらってなんぼの読モが自分には向いていないと薄々気付きはじめると、撮られることにますます苦手意識を持つようになってしまうんですよね。悪循環です。

表情は硬くて不自然だし、全身写真だと肩が丸まって姿勢が悪く自信がなさそう。何人かの読モと一緒に写ると、私だけこんがり日焼け? くすみ? 透明感がなくてコンプレックスが増えるばかり。

今だったらみんな違っていいじゃないって思えるんだけど、あの頃は可愛い・キレイな子に憧れるばかりで自分のよさには目を向けられませんでした。声をかけてもらったのには何か理由があるはずだって、前向きに考えられていたらよかったんですけどね。

結局、わずかにあったかもしれない自分の魅力を発揮することもできずに中途半端で今も後悔しています。だけど、写真に撮られることが苦手だと自覚したことや、こっちから見た顔が好きとかがわかったことはのちに専門家として活動させてもらうようになってからの宣材写真の撮影などで大いに役立っています。

― 読者モデルの裏話 VOL6―

<文/高木沙織>

【高木沙織】

美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog、Instagram:@saori_takagi

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ