小芝風花主演『妖怪シェアハウス』、宮本茉由が小悪魔全開の若手編集者役に

 女優の小芝風花が主演を務め、8月1日スタートするドラマ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系/毎週土曜23時15分)に、女優の宮本茉由が出演することが発表された。宮本は、小悪魔全開の若手編集者役を演じ、小芝演じる主人公・澪に嫌味連発でマウントバトルを仕掛ける。

本作は、小芝演じる気弱で空気ばかり読んでいた主人公・目黒澪が、シェアハウスで出会ったお節介な幽霊や妖怪たちに助けられながら、その自由で縛られない姿に感化され、たくましく成長していく姿を描くホラーコメディー。

2016年に「第1回ミス美しい20代コンテスト」で審査員特別賞を受賞した宮本は、5歳から始めたクラシックバレエで鍛え上げられたスタイルと美貌を生かし、2017年より雑誌『CanCam』の専属モデルとして活躍。そして2018年10月に『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系)で女優デビューし、2019年には『東京独身男子』(テレビ朝日系)、『監察医 朝顔』(フジテレビ系)、2020年1月期には『トップナイフ‐天才外科医の条件‐』(日本テレビ系)と、3期続けて連続ドラマに出演し、女優としても活躍の場を広げている。

宮本が本作で演じるのは、若手編集者・柳沙羅。澪(小芝)がアルバイトをすることになった小さい編集プロダクションで働く一見かわいい女の子だが、相手を見て態度を変えたり、意地悪なこともかわいく言ってのけたりするなど小悪魔全開なキャラクター。新入りで気弱な澪には嫌味を連発する。

「『妖怪シェアハウス』と聞いて、妖怪になれるのか!? と思ったのですが、人間でした(笑)」と話す宮本。自身が演じる沙羅については「ちょっと自分に甘くて、思ったことをすぐ口にしてしまう、ピュアな子なのですが、決して悪い子ではないんです。だからこそ、ただいじわるしているみたいには見えないよう、沙羅の純粋な素の部分を出していきたいです」と解説し、「私自身にはない部分を持っている、今までにない役柄なので、初めてのキャラクターを楽しんで演じたいと思っています」と意気込みを語った。

ドラマ『妖怪シェアハウス』は、テレビ朝日系にて8月1日より毎週土曜23時15分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ