幸せな気分を全く味わえない!?女性を不幸にする男性の特徴

ハウコレ

2020/7/4 20:00



せっかく彼氏ができたのに、「幸せな気分を全く味わうことができない」なんてこともあるかもしれません。そんな男性につかまってしまうと、本当にどんどんと不幸になっていってしまう危険性だって秘めているでしょう。

そこで今回は、「女を不幸にする」最悪なダメ男の特徴を紹介します。

■1.常に女性を「目で追っている」
「いつも女の尻ばかりを追いかけているような男とは、とっとと縁を切るべきでしょう」(27歳/歯科衛生士)

「やっぱり女好きの男と一緒にいても、幸せになれる可能性はかなり低いですね」(29歳/IT)

男性は誰だってみんな「女好き」です。でも、その度合いがあまりにもひどい男性とは、一緒にいても幸せにはなれないかも。結局は、いつも浮気の心配をしていなければならなくなるでしょう。

あなたとのデート中でも、常に街を行く女性を目で追っているような男性は、浮気性の確率も高くなりますよ。

■2.「過去の自慢」ばかりする
「過去の栄光にすがっている男性は、絶対に大物にはなれないので付き合いません」(27歳/受付)

「昔の自慢話ばかりする男って、なんか見てて悲しくなってきちゃうんですよね」(26歳/ネイリスト)

「過去の自慢」ばかりする男は、もうその時点で危険かも。現状に誇れるものがないからこそ、過去の自慢しかできない可能性が高いです。

今が充実していたり、今の仕事が順調であったら、過去の栄光にしがみついたりはしないはず。ちゃんと前向きに生きている男性こそ、彼女を幸せにしてくれる男性でもありますよ。

■3.とにかく「威張りまくる」
「威張ることでしか威厳を保てないような男性は、面倒なだけなのでパスですね」(31歳/アパレル)

「いつも偉そうに威張りまくっている人は、本当に一番苦手なタイプの男性です」(27歳/不動産)

これは完全に、「男らしさ」をはき違えているタイプ。威張り散らして偉そうに振舞うことで、男らしく見せようとしてしまっているのです。

特に、レストランの店員さんやタクシーの運転手さんなど、自分より立場が弱い人に対しては高圧的に出るというような男性は、一番厄介であると言えるでしょう。

■4.まず「言い訳」から入る
「言い訳ばかりする男性は、一緒にいてもイライラするだけで最悪な気分になります」(29歳/WEBデザイナー)

「何かあったときにとにかく言い訳しかしない人とは、絶対に付き合いたくないです」(27歳/飲食)

いつでもとにかく、まず「言い訳」から入る男性。自分の非をちゃんと認めることができない人なので、自分さえ良ければいいという考えの持ち主でしょう。

「違うんだよ」とか「だってさ」なんて言葉ばかりを使うような男性は、自分を正当化することしか頭にないタイプなので、他人への思いやりもあまり持っていないですよ。

■おわりに
「女を不幸にする男」につかまってしまったら、幸せな恋愛など手に入れられないでしょう。危険な男性からは逃れられるように、自分で見極める力を持つことも大事ですよ。(山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ