ドラマー FUYU、スガ シカオとコラボした「バクダン・ジュース」のセッション動画が話題に!

OKMusic

2020/7/3 18:45

日本の音楽業界のトップで活躍するドラマーのFUYUが、自身のYouTubeチャンネルにてスガ シカオとのトークセッション動画を公開した。

FUYUはEXILE ATSUSHI率いるRED DIAMOND DOGSの正式メンバーでもあり、MISIA・EXILE・久保田利伸・AI・JUJU・BENI・Little Glee Monster・清春・THE RAMPAGE・CHARA….多ジャンルに及ぶアーティストのレコーディングやライブにも数多く参加。彼がライフワークとして2020年2月からスタートさせたYouTubeチャンネル「FUYUちゃんネル」では、音楽と全く関係のないバラエティを多く繰り広げているが、自身の知己であるEXILE SHOKICHIの出演を皮切りに、親交の深いアーティストをゲストに招き、ミュージシャンならではのマニアックなトークを展開するコーナーをスタート。“音楽仲間”だからこそ気を許して、ついつい喋ってしまう赤裸々トークが、出演サイドからすると心地良いと評判で、様々なアーティストから“出演させて欲しい”という逆オファーが殺到するという現象がおきている。

中でも、その最新回で登場したスガ シカオとの激レア音楽セッションが業界で大きな話題に! 動画内で1997年にリリースしたスガ シカオ本人の楽曲である「バクダン・ジュース」をFUYUプロデュースの元、完全リアレンジし、世界的レベルのミュージシャンと共に東京とNew York-Los Angelesを結んだ遠隔セッションで実現。原曲とは全く違う仕上がりとなったその最強のFUNKセッションがアップロードされた瞬間、名のある数多くのアーティストから“ヤバイ!”“リモートでこのクオリティ?”など、本人達への激励の連絡が鳴り止まなかったという。さらにセッションを聞いたファンからも“このチャンネルだけなのがもったいない!”“リリースしてほしい”といった声が多数寄せられている。

そんな中、7月2日には「スガ シカオ・後編」として、トークセッションの続きを公開。FUYUの自宅ベランダでそれぞれ持ち込んだ肉を焼きながらのゆる~いシチュエーションとは裏腹に、アーティスト・スガ シカオの音楽観に肉迫しているトークの内容に注目してほしい。

コロナ禍でライブ活動の自粛を余儀なくされたミュージシャン達の新たな挑戦。FUYUはその先駆けとして自分の別の特性を活かしたスタートさせている。エンターテイメントビジネスの屋台骨を支える彼らの新たな可能性に今後もチェックが必要だ。

■バクダン・ジュース Bakudan Juice
written by スガ シカオ Sugashikao
Arranged by KAPPASWG, JUNY MAG, FUYU

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ