紀元前から生き続ける“不死の傭兵たち”の苦悩や葛藤が明らかに Netflix映画『オールド・ガード』新予告編を解禁

SPICE

2020/7/3 18:30


7月10日(金)から全世界独占配信されるNetflix映画『オールド・ガード』から、新たな予告編が公開された。

『オールド・ガード』は、グレッグ・ルッカ著の同名グラフィックノベルを、『リリィ、はちみつ色の秘密』『ワン・オン・ワン ファイナル・ゲーム』などの女性監督ジーナ・プリンス=バイスウッド氏が実写映画化したもの。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』『アトミック・ブロンド』のシャーリーズ・セロンが主演を務めるアクション大作だ。永遠の命を持つ不死身の傭兵たちと、その部隊を率いる隊長・アンディが、不死の能力を複製しようと企む謎の組織と戦う姿が描かれる。セロンのほか、『ビールストリートが話せるなら』のキキ・レイン、『アラジン』のマーワン・ケンザリ、『ハリー・ポッター』シリーズのハリー・メリング、ベトナムのアクション映画『ハイ・フォン:ママは元ギャング』や『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のベロニカ・グゥ、『それでも夜は明ける』『ドクター・ストレンジ』のキウェテル・イジョフォーらが出演している。


解禁された新たな予告編では、不死者たちの能力のさらなる詳細が明らかに。「不死でも痛みは感じる」「ある日突然傷が治らなくなる」「大切な人たちは老いていく」「いずれ全員を失う」といったセリフからは、紀元前4,700年から生き続けているというアンディらが、完全な存在ではなく、苦悩や葛藤を抱えていることがわかる。
Netflix映画『オールド・ガード』7月10日(金)より独占配信開始
Netflix映画『オールド・ガード』7月10日(金)より独占配信開始

Netflix映画『オールド・ガード』7月10日(金)より独占配信開始。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ