京アニ、現地追悼「辞退」 放火事件から1年、YouTubeで追悼のための映像配信

BIGLOBEニュース


京都アニメーション第1スタジオでの放火殺人事件から1年。事件の起こった7月18日を前に同社は、現地での追悼を控えるよう呼びかけた。18日前後を問わず、「現地へのお運びは固くご辞退申し上げます」としている。

同社は3日、ホームページに「7月18日現地追悼のご辞退について」というお知らせを掲載。「事件から、もうすぐ1年が経とうとしております。本来であれば、皆さまにお心をお寄せいただく追悼の場を設けるべく準備を進めておりましたが、昨今の新型感染症に関わる情勢に鑑みまして、大勢の皆さまが集まる場を設けることは避けるべき」と判断したとコメント。「第1スタジオ跡地付近へのお越しについても、同様の理由からお控えください。交通機関・および近隣住民の方々へのご配慮を何卒お願い申し上げます」と呼びかけた。

18日には、同社のYouTubeチャンネルで追悼のための映像を配信。配信時間は、10時30分から10時40分の予定で、10時35分から黙祷を行うとしている。

当記事はBIGLOBEニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ