福岡が発祥!? マツコ、大好物ツナマヨに「始めた人本当凄い」と称賛

※画像は、『5時に夢中!』公式Twitter より

 

6月29日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、ツナマヨネーズ好きのマツコ・デラックスが、これを開発した人に「名乗り出て欲しい」と懇願、これを聞いた視聴者から新情報が舞い込み驚きの声を上げた。

 

ツナマヨ好きすぎて開発者に感謝のマツコ

大橋未歩アナウンサーが「一般の方に聞いた『コンビニで初めて食べて感動したもの』をまとめたんですが、ツナマヨのおにぎりですとか、からあげくんとか色々挙がりました」と紹介。これにマツコは「やっぱりツナマヨのおにぎりって革命だったよね」と大好物のツナマヨをイチ推し。

 

続けて「シーチキンマヨネーズのおにぎりより、もっと前に小僧寿しの持ち帰り寿司って昔みんな買ってたじゃない?あそこでツナマヨの巻き寿司(手巻き寿司のシーチキン味)を出したのよ小僧寿しが。それが何かツナマヨをご飯に入れるってのが広まったきっかけらしいのね」とツナマヨおにぎりのルーツについて熱く語ると「もう何か名乗り出て欲しい誰か」とシーチキン巻きを開発した人物を知りたいと懇願。

 

すると放送中盤、神奈川の視聴者からツナマヨに関するメッセージが届いたため大橋アナが代読。「マツコさん、ツナマヨそうなんですよ。小僧寿しで初めて出会ったんです。衝撃でした。私は10歳の頃、神奈川から福岡に引っ越し、給食で初めて“ツナマヨきゅうり”が出てきた時、神奈川では見たこともなくギョッとしたのですが、食べるとその美味しさにビックリ。そしたら小僧寿しでもツナマヨが登場したと記憶しています」とのこと。

 

これを聞いたマツコは「え!?じゃあ小僧寿しのツナマヨよりも福岡の給食が早かったってこと?」と驚く。大橋アナが「そうですね」と返すと、マツコは「始めた人本当に凄いよ!この人」とツナとマヨネーズを最初に組み合わせた人に称賛の声をおくった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ