キティちゃんにガンダム、AKIRAまで!?『レディ・プレイヤー1』に登場するキャラクターを一挙紹介!<ネタバレ注意>

『レディ・プレイヤー1』予告編キャプチャ

 

本日7月3日(金)、金曜ロードSHOW!にてハリウッド超大作『レディ・プレイヤー1』が、ついに地上波初放送を果たします。壮大すぎるスケールで贈る本作は、その世界観だけでも十分に楽しめる作品ですが、劇中にはなんと、誰もが知る往年の人気キャラクターや舞台が数多く登場するのも、楽しみのひとつです。

そこで今回は、『レディ・プレイヤー1』にどんなキャラクターが登場するのか、元ネタなどを紹介していくので、ぜひ今夜の放送の予習や復習にご活用ください

どんなキャラクターが登場するのか、驚きをとっておきたいという人はネタバレ注意! そういう人は鑑賞後にチェックしましょう。

 

 

そもそも『レディ・プレイヤー1』とは?

 

 

『レディ・プレイヤー1』は2018年に公開された巨匠スティーヴン・スピルバーグ監督による長編映画。

舞台は2045年。荒廃した世界で人々は仮想のVR世界「オアシス」に熱中し、自分自身が好きな姿で、好きな世界を満喫して過ごしていました。そんな折、オアシスの創始者が死去し、彼の遺言が公表されます。その遺言とは、創始者がオアシス内に隠したとされる“イースター・エッグ”を見つけた者に、オアシスの所有権と5,000億ドルを渡すというもの。主人公・ウェイドをはじめ、多くのプレイヤーや大企業までもが、オアシスを舞台にイースター・エッグ探しを始めるのでした。

荒廃した現実世界と、なんでもありなバーチャル空間を行き来して巡るアクションムービーであり青春映画の側面もある一本です。

 

■製作年:2018年
■キャスト:タイ・シェリダン、オリヴィア・クック、ベン・メンデルソーン
■監督:スティーヴン・スピルバーグ

 

 

あのアニメキャラクターも登場!?

 

『レディ・プレイヤー1』の原作は、アーネスト・クラインさんの書いたSF小説『ゲームウォーズ』。この原作では、ウルトラマンやエヴァンゲリオンといった日本作品をはじめ、様々な映画やアニメのキャラクターが登場しており、“大人の事情”で映像化は不可能と思われていましたが、さすがスティーヴン・スピルバーグ! 奇跡の共演を実現してくれたのです。

数えきれないほどのキャラクターが登場しますが、なかでも日本人になじみのあるキャラクターや、活躍を見せてくれる代表的な作品がこちら。

 

シャイニング

 

 

スリラー映画の代名詞的な作品である『シャイニング』も、『レディ・プレイヤー1』に登場。

1980年に公開された本作は、小説家を志す主人公ジャック・トランスが、妻と子を連れて、前の管理人が家族を惨殺したとされる“いわくつき”のホテルを訪れます。冬季で閉ざされたホテルを舞台に、一家は様々な超常現象を体験し、とうとうジャックは発狂してしまいます。

『レディ・プレイヤー1』では、『シャイニング』の舞台となる『オーバールックホテル』が登場。双子の少女の幽霊や、237号室の幽霊など、作品に登場した数々のキャラクターがゲスト出演しています。多数の作品の要素が登場する『レディ・プレイヤー1』ですが、特に観ておくべき作品といえるでしょう。

■製作年:1980年
■監督:スタンリー・キューブリック

 

 

キングコング

 

 

巨大なゴリラでおなじみの『キングコング』からはメインキャラクター、キングコングがゲスト出演しています。

1933年の映画『キングコング』を元にした作品。映画の撮影のため髑髏島を訪れた撮影クルーは、髑髏島で王者として君臨するキングコングと遭遇します。なんとか眠らせてニューヨークに連れて帰ることに成功。見世物となったキングコングでしたが、ついに鎖を引きちぎり脱走。街中で暴れまわります。

キングコングといえば、エンパイア・ステート・ビルにぶら下がる姿がよくモチーフにされますが、『レディ・プレイヤー1』でもその姿が再現されています。複数の映画に登場しているキングコングですが、このビルに登るのは、1933年公開の作品と、そのリメイクである2005年公開の『キングコング』のみ。今観るのであれば、2005年のカラー版の方が観やすいかもしれないですね。

 

■製作年:2005年
■監督:ピーター・ジャクソン

 

 

AKIRA

 

 

大友克洋さんが1980年代に描いた漫画または、1988年に公開されたアニメーション映画『AKIRA』。

リーダー・金田が率いるバイクチームのメンバー・鉄男が偶然、少年・タカシと交通事故を起こしてしまったことをきっかけに不思議な力を得る、近未来を舞台にしたSFアクション作品。

日本だけでなく海外でもカルト的な人気を誇る作品で、ジャパニメーションの代名詞といっても過言ではない作品です。作中では2020年に東京オリンピックが開催されるという設定もあり、未来を予言していたことでも近年話題となっていました。

『レディ・プレイヤー1』では、『AKIRA』の主人公・金田の真っ赤なバイクが登場しています。このバイク自体も人気が高いのですが、映画を観るとその人気も納得のカッコ良い大活躍を見せます。

 

■製作年:1989年(映画)
■ボイスキャスト:岩田光央、佐々木望 ほか
■原作・監督:大友克洋

 

 

機動戦士ガンダム

 

 

言わずと知れたTVアニメ『機動戦士ガンダム』のガンダムも登場。現在も新シリーズが制作されている「機動戦士ガンダム」シリーズ。宇宙への移民が始まった世界を舞台に、モビールスーツという巨大な乗り込み型の兵器に乗って戦う少年アムロ・レイの物語が描かれました。

『レディ・プレイヤー1』には、もっとも多くの人になじみのあるカラーリングの“RX78−2”というガンダムが登場します。本作でブレイクを果たした森崎ウィンさんの「俺は、ガンダムで行く」というセリフは、何度聞いても鳥肌が立ちます。

 

■製作年:1979年
■原作・総監督:富野由悠季

 

 

ゴジラVSメカゴジラ

 

 

日本の特撮映画からもゲストがいますよ。東宝の看板作品である「ゴジラ」シリーズに登場するゴジラ……ではなく“メカゴジラ”が登場しています。1974年に公開された『ゴジラVSメカゴジラ』にて初登場した兵器です。ゴジラを倒すために造られた兵器として、それ以降ゴジラ作品に何度も登場しています。

『レディ・プレイヤー1』ではクライマックスでIOIの社長であるトレントの切り札として登場します。ガンダムv.s.ゴジラという夢の対決が、まさかのハリウッドで実現しました。

 

■製作年:1974年
■監督:福田純、中野昭慶

 

 

バック・トゥ・ザ・フューチャー

 

 

金曜ロードSHOW!ではまさに、『レディ・プレイヤー1』の放送前週まで、全三部作の放送を行なっていた映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』からもキャラクターが出演しています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』では高校生のマーティが、ドクことエメット博士のタイムマシンの発明の手伝いをきっかけに、タイムトラベルをするという物語。シリーズ1作目では、両親の若い頃の時代へ。シリーズ2作目では未来、シリーズ3作目では西部開拓時代へとタイムトラベルします。

『レディ・プレイヤー1』では、作品のアイコンでもあるタイムマシン『デロリアン』が登場します。

 

■製作年:1985年
■監督:ロバート・ゼメキス

 

 

チャイルド・プレイ

 

 

ホラー映画界からも思わぬゲスト出演をしているのが「チャイルド・プレイ」シリーズのチャッキーです。

連続殺人犯・チャールズは、警察に追われて致命傷を負ってしまい、命からがらおもちゃの人形へとその魂を移し、人形の姿で人々を襲うホラー作品。

やられては復活し、時には恋人の人形が登場したり、子供の人形が登場するなどどこかコミカルな雰囲気も持ったキャラクターなのですが、2019年には最新作のリメイク作品『チャイルド・プレイ』が公開され、こちらではハイテクなおもちゃの暴走が描かれます。

『レディ・プレイヤー1』では最終決戦の乱闘シーンに登場。映画さながらのバイオレンスな攻撃を披露しますが、VR世界なので血しぶきが飛んだりせず一安心です。

■製作年:1989年
■監督:トム・ホランド

 

 

アイアン・ジャイアント

 

 

映画のクライマックスで活躍する巨大ロボットが知る人ぞ知る“アイアン・ジャイアント”です。元は1999年に公開されたアニメーション映画『アイアン・ジャイアント』に登場するキャラクターです。

田舎町に住む少年・ホーガースが、偶然自分の意思を持った巨大なロボットに遭遇するところから物語は始まります。ロボットと仲良くなるホーガースですが、実はロボットは兵器として殺傷能力を持ち、プログラムが搭載されていたことが発覚、政府捜査官から追われてしまうという物語です。感動的な物語で支持を獲得し、今もなおカルト的な人気を誇る作品です。

『レディ・プレイヤー1』でもその巨大な身体を駆使した大活躍を見せていますが、アニメでは、より大迫力のアクションが観られるので、気になった人はぜひ元の映画も観てみましょう。

 

■製作年:1999年
■監督:ブラッド・バード

 

 

ハローキティ・けろけろけろっぴ・バッドばつ丸

 

日本人の心をきゅんとさせる意外なキャラクターも登場しています! それは、サンリオの人気キャラクター、ハローキティ、けろけろけろっぴ、そしてバッドばつ丸です。

特に見せ場はありませんが、キティとけろっぴとばつ丸が立体的な姿で仲良くシーンは見逃すことなかれ!

なかでもハローキティは世界的にも非常に人気の高いキャラクターですから、待望のハリウッド映画デビューといえるでしょう。実はこのハローキティ、単独でのハリウッド映画の製作も報道されています。そちらも今後の続報に期待です。

 

 

以上、『レディ・プレイヤー1』に登場するキャラクターたちを一挙に紹介しました。ただし、ここで紹介したのはほんの一握り。ぜひ画面の隅々まで目を凝らして観てみてください。思わぬキャラクターが登場しているかもしれませんよ。何度観ても発見のある『レディ・プレイヤー1』、必見です!

WRITER

  • ネジムラ89
  •        

  • 缶バッジ販売専門店「カンバーバッチ」のオーナー兼アニメ映画ライター。アニメ映画情報マガジン「読むと アニメ映画 知識が結構増えるラブレター」をnoteにて配信中。その他いろんなとこでアニメ映画話を執筆中。古今東西関係なくアニメ映画を中心とした有益な情報を多くの人に提供できるようにやっていきます。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ