トヨタ「プリウス」「プリウスPHV」の安全・安心機能を向上。お買い得車も

トヨタは2020年7月1日、「プリウス」、「プリウスPHV」を一部改良し、安全・安心機能を向上させて発売しました。

■改良ポイント今回の改良では、予防安全パッケージ「トヨタ セーフティ センス」の機能を向上させました。プリクラッシュセーフティの検知範囲を夜間の歩行者と昼間の自転車にまで拡大させました。またレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるようステアリングを支援するレーントレーシングアシスト(LTA)も追加装備しました。

さらにカメラで認識した道路標識を表示するロードサインアシスト(RSA)機能と、先行車の発進をブザーとディスプレイ表示で知らせる先行車発進告知機能も新たに追加しています。

また駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違いや、アクセルの踏みすぎなどで起こる衝突被害の軽減に寄与するインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を全車に標準装備化しました。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});そして、インテリジェントクリアランスソナーが作動しない、つまり前方に障害物がない状況でのアクセルペダルの踏み間違いでも、急アクセル時加速抑制の機能を持つ「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」をオプション設定しています。

その他では、外部給電機能を強化し、AC100V/1500Wのアクセサリーコンセントを全車標準装備化しています。またプリウスPHVは、ソーラー充電システムを全車オプション設定し、ソーラー発電量をマルチインフォメーションディスプレーに表示できるようになっています。

なお、ウエルキャブ仕様車も、標準モデルと同様の改良が行なわれています。

■特別仕様車 S“Safety PlusⅡ”今回の一部改良と合わせ、「S」をベースとした特別仕様車「S“Safety PlusⅡ”」を設定しています。

この特別仕様車は、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、バックカメラ、音声操作やハンズフリー通話を可能にするステアリングスイッチがセットになったナビレディセット、LEDアクセサリーランプ、雨滴感応式オートワイパー、自動防眩インナーミラーなどを標準装備したお買得仕様になっています。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});■プリウス価格

■プリウス特別仕様車 S“Safety PlusⅡ”価格

■プリウスPHV価格

■プリウス ウエルキャブ価格

■プリウスPHV ウエルキャブ価格

トヨタ プリウス 関連情報トヨタ 関連情報トヨタ 公式サイト

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ