メーガン妃「王室に守られているとは感じられなかった」 裁判所への提出書類に新たな主張

現在、実父に宛てた私的な手紙を無断で公開したとして、英紙『Mail on Sunday』と「Associated Newspapers」を相手取り訴訟中のメーガン妃。メディアの過剰報道に苦悩する日々が続いた妊娠中は、そんな自分を英王室は「守ってくれなかった」と感じていたようだ。このほど裁判所に提出された書類にそう記載されていたことが明らかになった。

昨年秋、英弁護士事務所「Schillings」を通じ、実父に宛てた私的な手紙を無断で公開したとして、英紙『Mail on Sunday』とその親会社「Associated Newspapers」を相手取り、個人情報の不正使用、著作権侵害、データ保護法違反の疑いで訴訟を起こしたメーガン妃。問題になっているのは、メーガン妃の実父トーマス・マークルさんのインタビューと妃が挙式前にトーマスさんへ送った直筆の手紙の引用が記載された、昨年2月10日付の『Mail on Sunday』の記事だ。ヘンリー王子も声明文を通じて、これが妃の承諾を得ずに無断で使用されたものであり、記事の引用にあたり同メディアが故意に単語やパラグラフを省略、内容を改ざんしていたと主張している。

しかし『Mail on Sunday』側はこの主張を真っ向から否定するとともに、トーマスさんが『Mail on Sunday』に妃からの手紙を公開する決意をしたのは、妃の友人5名が『People』のインタビューに応じ、妃がトーマスさん宛てに記した手紙の存在を先に明かしたから―と主張している。『People』の記事とは、昨年2月に妃の親しい友人女性5名が匿名で応じたインタビューのことで、それがトーマスさん本人にとって不利な内容だったことから実際の手紙を公開し自身の汚名を晴らすよう駆り立てたのだという。つまり友人を通じて先に手紙の存在を明らかにしたのはメーガン妃本人であり、そう取り計らったことが結果的に「自分で自分のプライバシーを侵害することに繋がった」というのが『Mail on Sunday』側の言い分のようだ。

メーガン妃側はそれに対し『People』のことは事前に知らされておらず、友人がインタビューに応じたと知ったのは記事が明るみに出た後だったことを主張しているほか、英王室側は“ノーコメント”を貫くばかりで、同記事と自身が無関係であることを証明する機会すら持てなかったことを明かしている。

なおこれまで「元共演者」「ロサンゼルスの長年の友人」などと匿名だった『People』のインタビューを受けた5名の友人は、このたび『Mail on Sunday』側からのリクエストを受け、メーガン妃がその実名を明らかにしている。現時点でそれらの名前は公表されていないが、彼女達が重要な証拠を握っているとして今後証言台に立つ可能性は十分に考えられそうだ。

『Mail on Sunday』がメーガン妃の手紙を公開した件の記事が掲載された当時、妃はアーチーくんを妊娠中だったが、妃の弁護士は新たに提出された文書のなかで、妃に関するネガティブかつ虚偽に満ちた記事は妃に“この上ない精神的苦痛”と“心の健康へのダメージを与えた”と主張しているほか、そんな妃に何の助けも差し伸べなかった英王室に対しても「守られているとは感じられなかった」と記されていることも明らかになっている。

このたびの訴訟ではメーガン妃が父親に宛てた1通の手紙をめぐり、個人情報の不正使用や著作権侵害といった点が争われているが、裁判所に提出された書類を通じてあぶり出される孤独やストレス、疎外感といったメーガン妃のなかで鬱積していた感情にも関心が集まっている。

画像は『The Duke and Duchess of Sussex 2019年11月27日付Instagram「On this day, two years ago:」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ