加藤諒主演、舞台『パタリロ!』が新たに生まれ変わる! 新バンコランに宇野結也

 俳優の加藤諒が主演を務める舞台『パタリロ!』の第3弾となる新作公演『舞台「パタリロ!」~霧のロンドンエアポート~』の上演が決定。2021年1月に上演されるほか、パタリロを演じる加藤以外のキャストを一新することが明らかとなった。

『パタリロ!』は、1978年より「花とゆめ」(白泉社)に連載され、82年にはアニメ化もされた魔夜峰央作のギャグ漫画。マリネラ王国国王のパタリロ・ド・マリネール8世が周囲を巻き込んで起こす騒動をユーモラスに描く。掲載誌を同社の「別冊花とゆめ」「メロディ」に移し、現在はまんがアプリ『マンガPark』にて連載中。コミックスは既刊101巻。

2016年に初演、2018年には第2弾『舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★』が上演され、昨年は劇場版が上映されるなど根強い人気を誇る舞台『パタリロ!』。今回は、加藤以外のキャストを一新し“シーズン2”と位置づけ、原作屈指の人気エピソードである「霧のロンドンエアポート」を舞台化する。

バンコランを宇野結也、マライヒを後藤大が務めるほか、バンコランの養成所時代の親友であるデミアン・ナイトに川上将大が扮し、謎に包まれた歌姫として中村中が登場。タマネギ部隊のメンバーは、原嶋元久、田口司、佐川大樹、大久保樹、江本光輝、中田凌多、星豪毅、奥田夢叶、魔夜メンズ役は小沢道成が担当する。

新作公演の決定にあたり、主演の加藤は「皆様、お待たせしましたァァア!!!続編を望む皆様の声のおかげで、新生『パタリロ!』として帰ってきます。本当に、ありがとうございます」と感謝し、「前作の座組みで作り上げたものを盛り込みつつ、新生組と新しい舞台『パタリロ!』を作り上げられるよう、芸の道に精進いたします!!!パパンがパン♪」と抱負を語っている。

『パタリロ!~霧のロンドンエアポート~』は2021年1月21日~1月31日まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ