トヨタ 新開発の「急アクセル時加速抑制」システムを発売 後付けタイプも

トヨタは2020年7月1日、ペダル踏み間違い事故のさらなる抑止、被害軽減のため、既存のシステムに加え、兼ねてから開発していた「急アクセル時加速抑制」機能を市販商品化し、新車向けの「プラスサポート」として発売を開始しました。また既販売車種向けの後付け装置にもこの機能を追加した「踏み間違い加速抑制システムⅡ」も同時に発売しました。

■システムのコンセプト従来のペダル踏み間違いによる衝突抑制システム、例えばインテリジェント クリアランスソナーは、超音波センサーを使用し障害物が車両の前後にある時、急なアクセルの踏み込みをしても、加速しない、最終的に自動でブレーキがかかるというものです。

トヨタはこれまで、新車には2012年からインテリジェント クリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]を導入。また既販売車向けの後付けシステムとして、2018年から「踏み間違い加速抑制システム」を販売しています。

トヨタの事故データ分析では、これによりペダル踏み間違い事故の約70%は低減できたとしていますが、残りの30%は超音波センサーが機能しない、つまり前後に障害物がない状態でのペダルの踏み間違いで暴走するといったケースです。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});こうしたケースに対応する今回のシステムは、前後の障害物がない状態でもアクセルペダルの踏み間違いにより危険が生じるような場面では、システムが自動的に加速を抑制することができます。

超音波センサーやカメラなどのセンサーを使用せず、トヨタがコネクテッドカーのデータで蓄積したビッグデータを分析し、危険が予想される場面で急にアクセルペダルを強く踏んだ場合は危険と判定され、加速を抑制するようになっています。

開発では、実際の踏み間違い事故発生時に、アクセルペダルが全開で踏まれた状況を分析し、そのペダルの踏まれ方の特徴を、コネクティッドカーから得られたビッグデータと照合。右折時や一時停止後など、ドライバーが実際に急加速を必要とする状況を除くことにより、アクセルの踏み間違い操作を特定し、障害物がなくても加速を抑制するようにしているわけです。

*関連記事:トヨタ ペダル踏み間違い時の「急アクセル加速抑制機能」開発

■「急アクセル時加速抑制」の機能を加えた「プラスサポート」今回発売された「急アクセル時加速抑制」の機能を加えた「プラスサポート」はインテリジェントクリアランスソナーを装着した新車向けのシステムです。まずプリウス、プリウスPHVからシステムの搭載を開始し、今後、順次搭載車種を拡大する予定です。(販売店装着オプション:価格1万3200円<税込み>から)

追加購入した専用スマートキー「プラスサポート用スマートキー」で解錠すると自動的に「プラスサポート」が起動。進行方向に障害物がない場合でも、ペダルの踏み間違い操作を検知した際、加速を抑制するようになっています。

なお標準のスマートキーで解錠した場合は、プラスサポートは起動せしません。専用スマートキーで解錠すると、システムが自動的に起動し、メーターパネルに専用の表示がされます。従来からのインテリジェントクリアランスソナーによるペダル踏み間違いによる抑制システムにプラスして、プラスサポートの両方の機能が利用できます。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});■踏み間違い加速抑制システムⅡ(後付システム)踏み間違い加速抑制システムⅡは、既販売車種向けの後付け装置です。今回はプリウス(2015年12月~2020年6月生産車でインテリジェントクリアランスソナー非装着車)が設定対象となりますが、今後は設定対象車種を拡大して行く予定です。価格3万8500円(税込み)

この踏み間違い加速抑制システムⅡは、従来の「踏み間違い加速抑制システム」に「急アクセル時加速抑制」機能を追加したもので、前方に障害物がない場合でもペダルの踏み間違い操作を検知した際、加速を抑制します。

従来の、前方にある障害物を検知し加速抑制する機能や、後退時に加速を抑制する機能に加え、後退時には障害物の有無に関わらず加速を抑制するなど、より幅広いペダル踏み間違い事故の抑止・被害の軽減が可能です。

新たに機能を強化しつつシステム構成を見直すことで従来商品より1万7600円安い低価格となっています。

なお、トヨタは自社製品の開発、販売だけでなく、国内の他の自動車メーカーに幅広く、「急アクセル時加速抑制」機能の考え方などを共有していくとしています。

トヨタ 関連記事トヨタ 公式サイト

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ