松丸亮吾の人生トークに二宮和也も興味津々

※画像は、『ニノさん』公式サイトのスクリーンショット

 

6月28日放送の『ニノさん』(日本テレビ系)に、元東大クイズ王でタレントの松丸亮吾が登場。数々の謎解き問題で世間を楽しませているその原点を語りつくし、その数奇な人生にMCの二宮和也も驚いていた。

 

二宮「今日1時間これでいいんじゃないの?」

松丸が謎解き問題の作成に目覚めたのは小学生の頃だそうで「ドリル解くのが嫌いだったんですよ。同じ公式使って解くのって絶対楽しくないって思って、自分でドリル作った方が楽しいと思ったんです」と明かす。そして「そのドリルを、当時勉強が嫌いだった子に解かせてみたら『何てすごい問題なんだ』ってなって、そこから勉強にハマって最終的に京都大学に合格したんです」と続け「僕にとって、問題を作る事が人生のテーマの一つなのかなって思って、そこが今の謎解き問題の作成に通じてるんですね」と話した。

 

一方、中学3年生の時に彼女ができたという、いつもとは違う一面も見せる松丸。「当時ツイッターにはまってて、そこで仲良くなった女の子と実際に出会って付き合うことになったんです」と話すも「でも、ストレートに告白が出来なくて」と明かす松丸。ここで二宮は「謎解きで告白したんじゃない?」と茶々を入れるが、松丸は「恋愛に臆病なタイプなんで、ちょっとずつ相手の事を聞いていくんですよ。好きな子が会った事のある男性の名前書きだして、なんて質問したら他の人の選択肢消せるかなって探っていったんです」と話す。ここでMCの川島明は「途中から女の子は『もう、お前やって!』って思ったでしょうね」とツッコみ、大爆笑となった。

 

告白は成功したものの、奥手すぎて2週間でフラれたという松丸。謎解き王の思わぬ一面を垣間見た二宮は「今日1時間(の放送時間)、これ(松丸の人生トーク)でいいんじゃないの?」と提案し、松丸は「耐えられない」と苦笑していた。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ