キャスト一新もパタリロ役はやっぱり加藤諒!舞台『パタリロ!』2021年1月に新作決定


014929.jpg

舞台『パタリロ!』の新作が、2021年1月に上演されることが決定した。今回描くのは、原作屈指の人気エピソード「霧のロンドンエアポート」。キャスト一新となったが、パタリロ役の加藤諒のみ続投することが発表された。

「パタリロ!」は、1978年に「花とゆめ」(白泉社)で連載が始まった魔夜峰央によるギャグ漫画。マリネラ王国国王パタリロ・ド・マリネール8世(通称:パタリロ)が周囲を巻き込んで起こす騒動を描く。その後、掲載誌を同社の「別冊花とゆめ」「メロディ」に移し、現在はまんがアプリ「マンガPark」で連載されている。舞台は、2016年の初演、2018年の第2弾「★スターダスト計画★」に続き、劇場版がとして映画も公開された。

今回、キャストが一新されたが、パタリロ役を演じてきた加藤諒だけは続投が決定。上演決定にあたり、加藤は「皆様、お待たせしましたァァア!!!続編を望む皆様の声のおかげで、新生『パタリロ!』として帰ってきます。本当に、ありがとうございます。前作の座組みで作り上げたものを盛り込みつつ、新生組と新しい舞台『パタリロ!』を作り上げられるよう、芸の道に精進いたします!!!パパンがパン♪」とコメントを寄せている。

新たにバンコラン役を演じるのは宇野結也、マライヒ役には後藤大を抜擢。そして、バンコランの養成所時代の親友デミアン・ナイト役に川上将大、謎に包まれた歌姫として中村中が登場する。

さらに、タマネギ部隊は原嶋元久、田口司、佐川大樹、大久保樹、江本光輝、中田凌多、星豪毅、奥田夢叶とフレッシュな顔ぶれ。舞台『パタリロ!』に欠かせない“魔夜メンズ”には小沢道成が決定した。

脚本は池田テツヒロ、演出は小林顕作が再び手掛ける。

舞台『パタリロ!』~霧のロンドンエアポート~は、2021年1月21日(木)から1月31日(日)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演される。

【公式サイト】http://www.nelke.co.jp/stage/patalliro2021/
【公式Twitter】@patalliro_stage

なお、加藤がYouTubeチャンネルを始動させることを記念し、初回から数回にわたり、舞台『パタリロ!』スペシャルトークを配信する予定とのこと。

【加藤諒の魑魅魍魎ちゃんねる】
https://www.youtube.com/channel/UCf67JKfMWc5iaWOwJpL2FDQ

(C) 魔夜峰央/白泉社

当記事はエンタステージの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ