泉屋アイナ、癒し系ぷにぷにGカップボディが肉薄

dwango.jp news

2020/7/2 06:25


1年前に竹書房の人気シリーズ『ミルキー・グラマー』でグラビアデビュー。169cmという高身長に95cm Gカップという恵体でグラビアファンの心を掴んだ泉屋アイナ。

ハーフみたいなお姫様フェイスに、癒し系ぷにボディが魅力のひとつ。また元大手広告代理店営業職を経験し、元メイドという異色の経歴からのグラビア転身でも話題を呼んでいる。そんな泉屋の3rdDVD『好きです、アイナ先輩! 』(ラインコミュニケーションズ)が6月20日に発売された。



奄美大島でロケを敢行した今作、ジャケット写真はなんと貝殻ブラに挑戦。本人たっての希望だったそうで、むっちりボディを輝かせている。「商談が上手くいったのはあなたのおかげよ、ありがとう」。おしゃれなBarのカウンターで成約の祝杯を挙げている上司の泉屋とその後輩。レース生地で色っぽいパープルカラーのセクシーランジェリー姿を晒す先輩に、Barにあった氷で悪戯。ベッドでは、一部がレザーのセクシーな黒下着でマッサージを受ける泉屋、たわんたわんにGカップを揺らされるとうっとりした表情に。ビーチでは赤のマイクロビキニで戯れ、「先輩、そんなに走ったらぽろりしちゃいますよ!」と言われていそうなバストの揺れに釘付け。エメラルドグリーンの眼帯ビキニでのシャワーシーンでは、泡だけでトップを隠す限界露出も見せている。

そして本人希望の貝殻ビキニでは、スケスケ衣装を海風になびかせ、岩場でポーズ。艶めかしい内腿も必見だ。奄美の着物に身を包んだ色っぽい泉屋がそれを大胆なまでに肌蹴ると、Y字のスケスケ水着で、ボディラインがくっきり。誘うような眼差しでカラダを少しだけくねらせると色香が南国の風と共に届く感じだ。

「こんな水着彼氏の前でもきたことないよ」と言って着てくれた、超ハイレグ&フロント開きの変形競泳水着では、恥ずかしそうに一緒にバスタイムに興じ、水着に手を入れての手ブラが妙にエロさを醸す。癒し系ぷにぷに女子を自称する泉屋が、Gカップボディを惜しげもなく駆使して肉薄する。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ