『腐女子、うっかりゲイに告る。』第3話が再放送!「普通」になりたいがために金子大地が暴走!?

※画像は、金子大地さん公式Instagram(@daichikaneko_official)より

 

NHKがBLドラマ!? と2019年に放送され大変話題となった『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK、よる11:30)。なんと6月13日よりアンコール放送がスタートしました。

 

『腐女子、うっかりゲイに告る。』ってどんなドラマ?

原作は浅原ナオトさんによる小説『彼女が好きなものはホモであって僕ではない』。

主人公は、ゲイであることを隠して生きる安藤純(金子大地さん)と、腐女子の同級生・三浦紗枝(藤野涼子さん)の物語。

三浦さんがBLマンガを買っているところを、純が見たことがきっかけとなり、2人は言葉を交わすようになります。

純がゲイとは知らずに距離を縮めていく2人。純と三浦さんの関係はただのクラスメイトからどのように変化していくのでしょうか。

純の恋人役・マコトさんを谷原章介さん、純とチャットだけで繋がる「ファーレンハイト」を小野賢章さん(声のみの出演)、純の幼なじみでクラスメイトの亮平を小越勇輝さんが演じます。

 

 

クラス公認の仲になった2人、良い雰囲気に見えるが……

あっという間に、クラスの中で公認カップルとなった三浦さんと純。

周りのクラスメイトからも冷やかされたり、2人の仲の進捗を聞かれたりと、ごく普通の男子高校生のじゃれ合いが繰り広げられます。

「こっち側の人間だと思っていたのに!」とモテなかったことを揶揄されますが、純は隠れファンも多かったのではないのでしょうか……。なんとなくアンニュイな雰囲気が人の心を惹きつけそうですが、同時に近寄りがたいオーラも。

 

学校帰りに一緒に勉強したり、外から見ると普通の恋人同士。でも、純には普通がよく分かりません。

そこで「普通の恋人の定義ってなに?」と三浦さんに問いかける純。三浦さんは頭を悩ませながらも「丁寧にあいさつをしあえる関係かな」と答えます。

「かわいい子だな、と思う」、と純。

かわいい子だし、とても人間として良い人なのが伺えます。なんでもかんでもBLにたとえ過ぎなのがちょっと気になりますが。

 

手をつないで帰ったり、純も「三浦さんとなら」と「普通の恋人同士」としてステップアップできるのではないかと期待します。

 

 

傷心と焦り……純はただ普通になりたい

三浦さんに心が傾いていく純。なんと、パートナーでもあるマコトにも「もう会うのはやめにしたい」と告げるほど。

しかし、マコトはそれを許さず、純の話を聞かずに無理やり押し倒してしまいます。

谷原章介さん演じるマコトは濃厚ですね、マコトが出てくると途端に昼ドラっぽさが強くなってきます。

 

一方で、純は三浦さんとの関係を深めるために懸命に練習をします。

三浦さんの名前を呼びながら、肉まんを揉んでみたり……しかし実際にはうまくいきません。

がんばる方向を間違えているのでは? と思わなくもないのですが、高校生にとって時間は少なく、純は早く普通になりたい。

 

部屋に2人きりの状況、良い雰囲気になって、三浦さんを押し倒しますが……。

うまくできなかったことに落ち込む純。SNSの友人ファーレンハイトに失敗してしまったことをこぼします。

 

「家族がほしい、家族を悲しませたくない、みんなから気持ち悪いって思われたくない」

「僕は自分を気持ち悪いって思いたくない」

 

決して純は他のゲイを気持ち悪いと思っているわけでもありません。ファーレンハイトのことも「きみは僕の最高の友人」だと語ります。

君がフリーだったら何度だって告白するのに、という純。

そこでファーレンハイトは重大な告白をします。

 

「彼が死んだ」

 

自分のパートナーが亡くなったことを告げたのです。

 

三浦さんとの関係も少しぎこちなくなり、更には幼なじみの亮平との関係にも変化が……。

自分も傷ついているけど、自分のせいで周りの人たちも傷つけている。その事実に気がついている純の心が心配です……。

 

 

見逃し配信サービスでぜひ観てほしい!

『腐女子、うっかりゲイに告る。』の第3話を見逃したという方は『NHK+』でも有料で配信しています。この機会をお見逃しなく!

『NHK+』はこちらから→https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2020062700628

 

過去放送分もチェック

『腐女子、うっかりゲイに告る。』第1話

 

『腐女子、うっかりゲイに告る。』第2話

 

WRITER

  • ふくだりょうこ
  •        

  • 大阪生まれ関東育ちのライター。主にシナリオや小説などを書いています。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに行くのが楽しみ。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ