「運がいい人」になりたい! 自分で運を引き寄せる3つの考え方

fumumu

2020/7/1 08:00

グッドラック(Povozniuk/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「運がいい人」と「運が悪い人」。どうせなるなら、やっぱり「運がいい人」になりたいですよね。

自分ではコントロールできないと思いがちな”運”も、考え方次第では、希望通りに動かすことができるようですよ。fumumu取材班が、運を引き寄せる考え方を聞いてきました。

(1)周りと比べない


「周りと自分を比べずに、自分のペースを守ることが大切だと思います。周りと比べて焦ってしまうと、なにもいいことがないですから。


自分だけがだめな気がして、どんどん卑屈になってしまうし。そういうときに、仕事でミスをしたり人間関係でトラブルが起きたりすると、『自分って運悪いなぁ…』と余計に凹んでしまいますよね。


周りと比べなければ、自分だけが運が悪いと決めつけてしまうこともないんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:「男運がない」と嘆いている女子の特徴と運気を呼び込む方法

(2)思い込みも大切


「運がいい人は、そもそも『自分は運がいい!』と自分で思っている気がします。運がいいという前提があるから、なにかいいことがあると、『やっぱり運がいいんだ~』と、どんどんポジティブになっていくんですよね。


思い込みでも、それで明るく過ごせるならいいことだと思います。小さなことでも、『もしかして自分が引き寄せたのかも!』と思うと、なんだか楽しくなってきますよ(笑)」(20代・女性)

(3)ネガティブに紐づけない


「悪いことがいくつか起きたときに、すべてを無理に紐づけないほうがいいと思います。仕事でミスしたとか、嫌いな人に会ったとか、欲しいものが売切れだったとか…。


すべて1日で起きたとしても、言ってしまえば、そんなのただの偶然ですよね。無理に意味付けをして、『自分の運が悪いからだ…』と決めつけると、どんどん落ち込んでしまうと思います。


生きていれば、楽しい日も悲しい日もありますから! 悲しいことがあった日だけ自分の運の悪さにするのは、意味がないと思います」(20代・女性)

「運がいい!」と思い込むパワーが、本当に運を運んでくることもあるかもしれません。

なにかいいことがあったら、「さすが自分! 強運の持ち主!」と自画自賛してみるのも楽しそうです。

・合わせて読みたい→女性経営者&キャリアウーマンがやっている「ツキ」を呼ぶ5つの行動

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ