ドイツの腕時計ブランド『DUFA』から月の満ち欠けが見える時計が登場!

IGNITE

2020/7/1 07:30


三原色が映えるポップな色味がアクセント。

ドイツの腕時計ブランド『ドゥッファ(DUFA) 』は、バウハウスの理念とモンドフェイズ機能を搭載した『グロピウス モンドフェイズ TiCTACリミテッドエディション』を7月1日(水)に発売する。



『グロピウス モンドフェイズ TiCTACリミテッドエディション』は、自然の時計のシンボルである月の満ち欠けを楽しむことができる、モンドフェイズの機能を搭載した『グロピウス・モンドフェイズ』のデザインをベースに、ドイツのデザイン学校「バウハウス」が提唱した3原色(黄・青・赤) を、3本の針(時針・分針・秒針)にデザインした。

また、黄・青・赤の3原色はベルトのステッチにも表現され、左右別のカラーのステッチを配置したレザーベルトが個性を演出する。

ベルト裏の黄色も横から見た時にさりげなく主張。

ドーム型ガラスやアプライドのインデックス、マット仕上げのケース等、大人の雰囲気を醸成するスリムでシンプルなデザインが特徴だ。

太古の時計でもあるモンドフェイズを都会的なスタイルに見せるスタイリッシュでこだわりの詰まった新作は、7月1日(水)から全国のTiCTAC系列店舗で発売を開始する。

▪ 3つの商品特徴
ロマンを象徴するモンドフェイズ(月例表示)
6時側にサブダイヤルを配置しており、月の満ち欠けを楽しみ、ロマンを感じることができる。



バウハウスが唱えた三原色「黄・青・赤」
バウハウスが提唱した三原色の概念に即し、針やベルトのステッチにデザイン。



スリムでシンプルな立体的デザイン
ドーム型ガラス、アプライドのインデックスとマット仕上げのケースが立体的で大人の雰囲気を醸成する。



『グロピウス・モンドフェイズ TiCTACリミテッドエディション』のモチーフ
バウハウス(1919年~1933年)
1919年にドイツで設立された工芸・写真・デザインなどを含む美術と建築の総合教育学校。
また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指す。
史上最も重要なデザイナー達に美学の基礎を創造し、この世のデザインや作品を影響し続けるデザイン研究所と位置付けられている。
優れたデザインは大量生産され、今なお多くのデザイナーや建築家にその技術や思想が受け継がれている。



ヴァルター・グロピウス(1883年5月18日~1969年7月5日)
モダニズムを代表するドイツの建築家。
近代建築の四大巨匠の一人とされる。世界的に知られた教育機関(学校)である「バウハウス」の創立者であり、1919年から1928年まで初代校長を務めた。



【販売概要】

■価格:¥35,000+税



カジュアルに月の満ち欠けを楽しめる時計だ。

■TiCTAC Online Store:​https://www.neuve-a.net/TiCTAC/shop/g/g4550012432642/

当記事はIGNITEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ