手作り石鹸で顔に熱傷 24歳女性が視力を失う(米)

苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)は直接触れると熱傷したり、ほんの1滴でも目に入ると失明の恐れがある劇物として知られている。このたび米ワシントン州に住むスペイン出身の24歳の女性が、自宅で石鹸を作っている最中に苛性ソーダを顔に浴びて重傷を負った。

米ワシントン州シアトルで2年前から夫と2人で暮らしているマルタ・ブストスさん(Marta Bustos、24)は6月11日、自宅で石鹸を作っていて苛性ソーダを顔に浴び、角膜に重度の熱傷を負った。

地元の小さな病院に搬送されたマルタさんはその後、シアトルのハーバービュー・メディカル・センターに転送されて治療を受けたが、角膜だけでなく瞼にも熱傷を負っており、目を開けることができない状態だった。また熱傷は口や鼻の中にも及び、入院直後は激しい痛みとショックで泣いてばかりいたという。

しかし入院中に4度の手術を受け、少しずつ落ち着きを取り戻したマルタさんは、事故から10日後の6月21日に退院。そしてその2日後には医師から初めて「角膜移植をすれば再び目が見えるようになるかもしれない」と告げられた。

マルタさんは日本時間の6月27日、夫のデイビッドさんとの写真をInstagramに投稿すると、次のように綴った。

「事故当初は相当落ち込んだし、つらかった。でもこうして生きていることは幸運だし、顔の熱傷は医師も驚くほど順調に回復しているの。私の目は光を感じることはできるけど、視力は戻っていないわ。自分の顔を見ることができないから、デイビッドに熱傷の状態を説明してもらったの。私を支えてくれる彼には本当に感謝しているわ。」

「この事故を機会にタバコやお酒もやめてみたの。今まで普通にできていたことができなくなって、健康であることがいかに幸せなことなのかを考えさせられたのよ。嬉しいことと言えば、口の中の熱傷がほぼ完治したことかしら。鼻の回復にはまだ時間がかかるし、視力がどこまで戻るかもわからない。でも前向きに生きることこそ、今の私に必要なことだと信じているの。」

『7NEWS.com.au』によると、マルタさんは保険に加入しておらず、スペインのバルセロナ県テラサ在住の母アナ・ゴンゴラさん(Anna Gongora)がクラウドファンディングサイト「GoFundMe」を開設した。そしてマルタさんも入院中にInstagramに動画を投稿し、「アメリカでは救急車での搬送が約16万円(1500ドル)~21万円(2000ドル)、入院1泊で約43万円(4000ドル)もかかる。今後も数回手術が必要になる」と訴えて寄付を呼びかけた。

日本時間6月30日に「GoFundMe」での募金受付を終了したが、その金額は246539ユーロ(約2980万円)に達した。マルタさんは「SNSにネガティブなコメントがあがっているのは知っているわ。でも私はこれからも闘うことをやめない。ありがとう」と述べ、多くの人からのサポートに感謝した。

石鹸作りに使用する苛性ソーダは、市販のカビ取り剤の50倍の濃度とも言われており、保護メガネ、ゴム手袋、防護服などをつけて慎重に取り扱う必要がある。また水と混じりあうと熱を発するため、マルタさんの事故のように苛性ソーダが飛び散って熱傷をすることもあるという。

画像は『Daily Star 2020年6月29日付「Woman, 24, blinded after home-made makeup leaves both eyes with horrific burns」(Image: Newsflash/@stuntmanmarta)』『Marta Bustos Góngora 2020年6月27日付Instagram「Hola bellos Parezco una fitipaldi con el gorro y las gafas, pero se han convertido en mis mejores amigos.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 A.C.)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ