JR北海道「エアポート」「北斗」車両に「ウポポイ」の広告を掲出


JR北海道は30日、快速「エアポート」に使用する733系、特急「北斗」に使用するキハ261系に、「ウポポイ(民族共生象徴空間)」のオープンを告知する広告を7月1日から順次掲出すると発表した。

「ウポポイ(民族共生象徴空間)」は7月12日にオープン予定。同施設を利用者に広くPRし、開業に向けた気運を盛り上げるため、快速「エアポート」と特急「北斗」の車両に広告を掲出することになった。

快速「エアポート」に使用される733系(6両編成×11編成)では、「Uシート」車両を除く1編成あたり5両(計55両)に7月1日から広告を順次掲出。特急「北斗」に使用されるキハ261系(9編成)では、1編成あたり前後2両ずつ(計36両)に7月3日から広告を順次掲出する。快速「エアポート」、特急「北斗」ともに8月末まで掲出予定とのこと。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ