一度は食べたい! 銀座・フルーツフルコース専門店の絶品メロンパフェ


じめじめとした季節、おいしいものを食べてテンションを上げたい! アフタヌーンティーやホテルビュッフェなど、かわいくておいしいスイーツは女子の心をくすぐりますよね。毎日頑張っているご褒美に、たまにはちょっぴり贅沢をしてみたい……。

今回はそんなときにおすすめなフルーツフルコース専門店の「メロンづくしの贅沢フルコース」を紹介します。

フルーツフルコースが食べられるのは東京・銀座にある「Beauty Connection Ginza Fruits Salon」。栄養豊富な旬のフルーツを"フルコース"で味わえる完全予約制のフルーツサロンで、いままでにもいちごやマンゴーのフルコースを販売し話題を呼んでいました。

今回の新メニューは夏の果実の王様とも呼ばれる"メロン"。代々木上原の人気パティスリー「BIEN-ETRE PATISSERIE(パティスリー ビヤンネートル)」でオーナーパティシエを務める馬場麻衣子氏が監修し、清涼感あふれるスイーツを楽しめます。
○フルコースの全貌は?

フルーツフルコースは、ウェルカムドリンク&フード、テリーヌ、ガスパチョ、パフェ、食後のドリンクの順に提供されます。

まず席に着くと運ばれてくるのが、鮮やかな色味がかわいいハイビスカスローズのハーブティーと一口サイズのウェルカムフード。ドライフルーツのマンゴー、いちじく、パインにオレンジのスフレパウンドケーキがセットになっています。
○テリーヌ

一皿目の「テリーヌ」は茨城県産のメロンを使ったメニュー。丸くくり抜かれたメロンはフォトジェニックな印象で、食べてみるとフレッシュで爽やかな甘みを感じます。

ドライフルーツやアーモンドがたっぷり入ったヌガーグラッセは、ひんやりした夏らしいスイーツ。添えられたカシスやヨーグルトのソースを絡めたり、トニックウォーターを使ったシュワシュワゼリーと一緒に食べたりと、いろいろな味の組み合わせを楽しめる一皿です。
○ガスパチョ

2皿目は赤肉のらいでんメロンを使った「ガスパチョ」。テリーヌとは一転して、ちょっぴりスパイシーで甘さ控えめのスパニッシュスープです。ウリ科の野菜と赤肉メロンの果肉感のあるスープは、素材そのものの味わい感じる口当たり。

パルメザンチーズのコカ(薄焼きパイ)をつけながら食べると、ほどよい塩気とサクサク食感で甘さをひとやすみ。パフェに向けて口を整えるのにちょうど良いメニューです。
○パフェ

メインディッシュの「パフェ」は、熊本のアールスメロンを贅沢に使ったメニューです。机に運ばれてきた瞬間にカメラを構えたくなる美しさで、絶妙なバランスを保ったパフェはまさに芸術作品。

グラスの縁に大きなフレッシュメロン、アイスにメロンのソルベや、パフェの中にもメロンが入っており、メロンづくしの一品。甘くジューシーなメロンの味わいを十二分に堪能できます。

メロンの他にも、芳醇な香りのジャスミンのジェラートや爽やかなミントとライムのジュレなどが幾重にも重なり、最後まで飽きることなくパフェを楽しめました。
○食後のドリンク

食後のドリンクは「丸山珈琲」オリジナルのコーヒーや、紅茶、ハーブティー、フルーツティーなどから好きなものをチョイス。今回はりんごとローズマリーのフルーツティーを選びました。一息つきながらまったりとお話しするのも良さそうですね。
○予約は平日昼が狙い目

今回紹介した「Beauty Connection Ginza Fruits Salon」は完全予約制。新型コロナウイルスの感染対策のため、他のお客さんと距離のあるレイアウトなので、周りを気にせずにゆっくりと過ごせそうな空間となっていました。

ガラス張りのキッチンでは、パフェやスイーツを作る様子が見えるので、職人技を見ながら食事をするのも楽しそう。フレッシュな作りたてのスイーツを味わえるのもこのお店ならではだと思います。

「メロンのフルコース」の金額は4,000円(税別)で、支払いはキャッシュレス決済のみ。予約の時間帯は、平日のお昼がおすすめとのこと。7月1日~8月3日までの期間限定メニューなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

●information

Beauty Connection Ginza Fruits Salon

住所 : 東京都中央区銀座7-9-15
営業時間 : 11 : 00 ~ 20 : 00
定休日 : 火曜日

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ