ケイティ・ペリー、自殺を考えた過去明かす「自分が真っ二つに砕けたようだった」

人気シンガーのケイティ・ペリーがこのほどラジオ番組に出演し、心の病との闘いについて語った。現婚約者オーランド・ブルームと一時的に破局した3年前には、自殺願望があったことをほのめかす発言も飛び出し、注目を集めている。

2016年1月の第73回ゴールデングローブ賞アフターパーティーがきっかけで、交際を始めたケイティ・ペリー俳優のオーランド・ブルーム昨年のバレンタインデーに婚約を発表し、現在は2人にとって待望の第1子となる女児の誕生を待ちわびている。先月には新曲『Daisies』のMVのなかでマタニティーヌードを披露し、その神々しい姿が称賛を集めた。

そんな何もかも順調のように見えるケイティだが、実はこれまで長年心の病と闘ってきている。メディアを通じ度々自身のダークな過去を明かしてきたケイティだが、このほど出演したカナダのラジオ番組『Q on CBC』のインタビューのなかで、オーランドと一時的に破局した2017年はプライベートもキャリアも思うようにいかず、自殺願望を抱いていたことをほのめかした。

「笑顔が消えてしまったの。と言っても、それも本物の笑顔だったかどうかは怪しいのだけれど。周りからの評価や愛、称賛があったからこその“笑顔”だけれど、私は長い間その波に乗っていたわ。でもその風向きが変わってしまったの。」

当時交際していたオーランドと破局し、その後リリースしたアルバム『Witness』のセールスは低迷。これまで公私ともに順調だったケイティは一気にどん底に突き落とされてしまった。その時の状態を「自分が真っ二つに砕けてしまったみたいだった」と表現したケイティは、さらにこう続けた。

「私は当時のボーイフレンド―つまりこのお腹の子の父親ね―と別れたところだった。で、その後にリリースしたアルバムが、飛ぶ鳥を落とす勢いになることを楽しみにしてたのだけど、アルバムセールスはそうはならなかった。」

「世間からの評価も得られなくなった私は、とうとう壊れてしまったってわけ。」

しかしケイティはそんなどん底だった時期を振り返り、感謝の気持ちを持つことで救われたこと、また辛い経験は自身の成長にとって必要不可欠だったことを次のように明かしている。

「壊れてしまったことで、自分という人間を全く別の角度から見つめ直すことができたわ。それはとても貴重な経験だった。絶えずがむしゃらなポップスターとして生きる以外に、もっと深みのある人間になれるチャンスだった。」

「私を救ってくれたのは、感謝の気持ちを持つことだったわ。もしそれが見出せずにいたとしたら、あのまま悲しみに溺れながら飛び降りていたんじゃないかしら。でも私は、感謝の気持ちを持つことで道を見つけることができた。」

夢を諦めないこと、自分というかけがえのない存在を信じることの大切さを歌った応援ソング『Daisies』を先月リリースしたケイティは、

「私達は世界に70億人以上いる中のかけがえのない1人で、それぞれが強みやレジリエンス(逆境に耐え、回復する力)を持っている。」

「夢に向かって頑張るあなたの“サウンドトラック”になってくれれば嬉しい。」

と語っていたが、この日のインタビューでも

「自分がこの世に生を受けたのには意義や理由があり、自分は他では代えのきかない唯一無二の存在であると信じている。」

と力強く述べた。

どん底から這い上がり、希望の光を見出したケイティ・ペリー。そんな彼女が今度は母親として、そしてアーティストとしてもさらに深みを増し、今後ますます魅力を放っていく様子をファンは楽しみにしていることだろう。

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ