ローソン、ロボットが商品を陳列する次世代型店舗を港区にオープン


ローソンは6月30日、遠隔操作型ヒューマノイドロボットが商品の陳列業務を行なう次世代型店舗「ローソン Model T 東京ポートシティ竹芝店」(東京都港区)を、2020年9月にオープンすると発表した。これにより、店舗業務の効率化を目指すという。
○ロボットが品出し業務を実施

同ロボットは、Telexistence(テレイグジスタンス:以下TX社)が開発したもので、ロボットによる店舗業務の省力化と品出し精度の検証のため、TX社の子会社が直接加盟店オーナーとして店舗を運営する。

店舗は、国家戦略特別区域計画の特定事業として認定を受けた東京ポートシティ竹芝に開店。ロボット導入後一定期間は人間による遠隔操作で品出しを実施し、最終的には自律的にロボットを制御する状態に移行する。その後、店内全ての商品の品出しを目指すとともに、ロボットによるフライドフーズの作成・陳列も検討する。

ロボットは、おにぎりや弁当、パスタなどの食事系商品、チルド飲料、日配食品などの要冷商品およびソフトドリンク、飲料・酒類の品出しの業務を担当。今回の導入を通じ、将来的には他店舗への導入・拡大を図る。

ローソンは、今後もデジタル技術を用いて業務の効率化を実施し、創出された時間で「人によるおもてなしのサービス」を提供していくとしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ