テレ朝 キムタク主演「BG」は「非常に良いスタートが切れた」 放送は「7月いっぱいで終了を想定」

 テレビ朝日は30日、亀山慶二社長の定例会見で、木村拓哉(47)主演のドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜後9・00)について好感触を示した。新型コロナウイルスの影響で新シリーズが18日に2カ月遅れでスタートしたが、編成担当の西新取締役は「非常に良いスタートが切れた」と述べた。

 初回の平均世帯視聴率は17・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。前シリーズ(初回15・7%)を上回る初動について、西取締役は「作品自体が設定が変わった。組織でのボディーガードが今回フリーのボディーガード。昨シーズンにない新たな展開をまぜて、より依頼人との関係が深みを増したドラマになっているんじゃないか」と分析した。

 放送回数については「7月いっぱいで終了を想定している」としており、「弊社の通常(8~9、10話)より少なくなるかもしれない」と説明。新型コロナウイルス感染拡大に伴う撮影中断により「調整した」ためとした。

 テレビ朝日は、本来なら4~6月に放送を予定したドラマについて7月までに終了することを基本方針としている。当初7月スタートで予定したドラマは開始がずれ込むが、9月末までの上期内で終えるように放送回数等を調整するという。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ