急に荷物が増えても大丈夫! 超絶便利な「リンネル」8月号付録『Kippisのリュックサック』を徹底チェック!!

 

売り切れになりそうな雑誌の付録情報をイチ早くお届け! 買い逃してグギギギィィィな悔しい思いは、もうさせません!!

シリーズでお届けしている「さきどり付録予報」。4つのチェック項目でホントに“買い”かどうか、厳しく見ていきます!

 

******

【今回紹介する付録はコチラ!】

宝島社
『リンネル』
特別定価:1,250円(税込)
2020年8月号 6月19日(金)発売
https://tkj.jp/liniere/

 

《付録内容》
kippis
[キッピス]
どこでも一緒! 軽量&撥水リュックサック

 

発売直後のAmazonランキングでは43位!

引用:Amazon(リンネル 2020年8月号)より

 

どんな付録なの?

フィンランド語で「乾杯」を意味するkippis。日々の暮らしのご褒美になるような「あたたかなひととき」をイメージしたデザインが魅力。

リンネル読者の心をつかんで離さない、北欧の人気デザイナー陣が手がけているブランドです。

くまをモチーフにしたロゴがシンプルおしゃれですよね!

本は特別定価の1,250円(税込)。

付録本の中では、少々お高いほうなのかもしれません……! それはつまり、付録のクオリティにこだわり抜いたという証(!?)

読者を代表して、今回も本気の辛口モードでチェックさせていただきます。

 

気になる結果はコチラ! え…ヤダこれ超便利じゃん……!

・使いやすさ GOOD!!
・クオリティ なかなか◎
・素材    なかなか◎
・満足度   なかなか◎

 

レジ袋がもらえない昨今、これを常にメインのバッグに入れておきたい気持ちです。

 

《使いやすさ》

さっそく箱をあけてみましょう!

 

 

本体のサイズは(約)H39×W30×D13cm。

てろんとした薄い素材でできています。どれくらいかと言うと、エコバックくらい薄い!

 

 

ロゴはポケットの右下。黒いブランドタグが縫いつけられています。

裏側も見てみましょう。

 

 

薄いんですが、肩ヒモは中綿がちゃんと入っており、背負ったときの食い込みは防止してくれます。

ただ、とても薄いので、あまり重い荷物を入れるのは不安かも……。

 

 

真ん中にはグラブループがちゃんとついています。

ポケットはとても大きいです。あとで紹介しますが、別冊の付録のハンディファンも余裕で入る大きさ。

 

 

ポケットに定規を当ててみました。縦18cmほどです。

 

 

バッグ本体が縦39cmなので、およそ半分の大きさ!

ケータイやハンカチなど、使用頻度の高いものを入れられて便利なんですよね。

マチも計ってみましょう。

 

 

データでは13cmとありますが、12cmくらいに見えます。

もっとピッと生地を伸ばして計らないといけないのかもしれませんが、これ以上伸ばすのは、生地の性質的に無理そうでした。

 

《クオリティ》

どれくらい入るのでしょうか? 

やってみようと思いましたが、リュックなのと、大きさがあるので、割とサクサク入っちゃうんですよ。

あまり参考にはならないかな、と思うほど入ったので、それを伝える上手な写真力が私にありませんでした。すみません……!

でも、リンネル本誌を入れてみると、こんな感じです。

 

 

本当に余裕で入っちゃいます。そうです、デイリーに使えるリュックのサイズなんです。

 

《素材》

素材は「撥水」と謳われていますので、水に強いというのがウリなのかな?

……というわけで、水をかけてみました! えーい!バシャッ!!

 

 

あれ? たしかにちょっと弾いたけど……3秒もしないうちに染み込んでいきました。

 

 

う~む、濡れちゃってますね!

撥水力は、それほど期待しないほうがよさそうです。

 

 

裏側の縫い目などは、乱れは見当たりません。

 

 

パイピング処理の端の部分も、しっかりキレイに合わさっています。

付録としては、かなり質がいいと思います。

 

また、今回のリンネルはセブン-イレブン限定の別冊があります。

<セブンネットのリンク>
https://7net.omni7.jp/detail/1219420237

 

こちらは、首にかけるタイプのハンディ扇風機がついて1,390円(税込)です!

 

 

首かけ式なので、風は正面ではなく、上から出ます。

大きさは、(約)H16.5×W8×D2.5cm。

ハンディ扇風機が付録になるのは、リンネル史上初なんですって。ブルーにkippisの白いロゴが、涼しげでおしゃれですね。

 

 

単3電池3本で動きます。

 

 

スタンドつきなので、デスクの上に置いて使うこともできます。

 

《満足度》

こういうサブバッグ的なリュックは、雑貨屋さんで買うとだいたい1,000~2,000円くらいのような気がします。

とても薄いので、メインのバックにするような感じではないなと思いますが、最近、レジ袋ってもらえないじゃないですか?

そう考えると、何かしらのサブバッグを持ち歩く必要が出てくると思うんです。

手持ちのエコバッグもいいけど、リュックだと両手があくので、その視点で見ると、これはすごく役に立つと思います。

 

売り切れ予報ですが、

通常商品、セブン-イレブン限定ともに『売り切れ予報→中~強』という感じでしょうか。

 

レジ袋レス&うだるような暑さという昨今の「欲しい」に、ダイレクトに決めてきてる!という感じがします。

わたしはリュックを今年のサブバッグとして、持ち歩こうと思います。本当に軽いので!

 

(ライター上村絵美)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ