テレ朝社長3カ月ぶり会見 「徹底的な健康管理を行っております」

 テレビ朝日の亀山慶二社長が30日、東京・六本木の同局で約3カ月ぶりの定例会見に臨んだ。

 毎月1回のペースで行ってきた社長会見は、緊急事態宣言後に自粛していたため3月31日以来。この日は新型コロナウイルス感染防止対策で、取材陣は原則1社1人に制限され、マスク着用が条件。入場時には体温検査とアルコール消毒を義務付け、亀山社長らと取材記者たちの間にはアクリルボードを設けた。

 亀山社長は、新型コロナウイルス対策について「出演者やスタッフに対して至らなかった点があったことから徹底的な健康管理を行っております」と報告。

 「報道ステーション」(月~金曜後9・54)からは富川悠太アナウンサー(43)ら5人の感染者を出した。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ