【感動する話】ドケチな祖父が遺したものは…愛情を気づけなかった後悔に涙【みんなの〇〇な話 Vol.33】

人気イラストレーターのしばたまさんが、フォロワーのみなさんから募集した実話のエピソードを漫画化!

今回は…「感動するお話」です!

そのうえ大のドケチで1人前のお弁当を朝昼晩と3回に分けて食べるほどです私はそんな祖父のことがあまり好きではありませんでしたそんな祖父ががんに…。でも以前に増して機嫌が悪く、私はお見舞いに行かなくなってしまいました

祖父は、1年闘病した末にとうとう亡くなりました祖父は意識がなくなる前に「わしの貯金で大学に行かせてやれ」と言っていたそうです私の家は家計が苦しく、大学は諦めてほうが良いのかと考えていました。ですが、超ドケチだと思っていた祖父は私の大学費用を貯金してくれていたのでした祖母は「ほんとうに不器用なじいちゃんでゴメンね」と言いました私は祖父が長年貯めてくれていた貯金で無事大学に進学でき、来年卒業します
ドケチだと思っていたおじいちゃんは、
実は孫のために貯金していてくれたんですね

来年大学を卒業する体験者さん、
おじいさまはすごく喜んでくれているのではないでしょうか
(おじいちゃんおばあちゃん系のお話に弱いしばたまは胸撃ち抜かれました…)

byしばたま

(しばたま)

当記事はウーマンエキサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ