事務職は夏のボーナスを幾らもらえる? 平均額を調査


ポムは6月30日、「事務職の2020年度夏のボーナス」に関する調査を発表した。調査は6月25~28日、全国の事務職正社員200人を対象にインターネットで行われた。

調査結果は以下の通り。まず「夏ボーナスの支給有無」と聞くと、「支給あり」(70%)、「支給なし」(30%)という結果に。

そして、「ボーナスが支給されなかった理由」を尋ねると、「もともと支給されない」(56.7%)、「コロナの影響を受けた」(31.7%)、「規定(ノルマ等)に達しなかった」(3.3%)、「その他」(8.3%)となっている。

また、「ボーナス支給あり」の回答者140人を対象に「ボーナスの支給額」を聞いたところ、「10万円以上~20万円未満」(33.6%)、「20万円以上~30万円未満」(17.1%)、「30万円以上~40万円未満」(12.1%)、「50万円以上~60万円未満」(8.6%)、「3万円以上10万円未満」(6.4%)、「40万円以上~50万円未満」「3万円以下」(5.0%)、「60万円以上~70万円未満」(3.6%)、「80万円以上~90万円未満」「90万円以上~100万円未満」(2.9%)、「100万円以上」(1.4%)、「70万円以上~80万円未満」(0.7%)という結果だった。なお、平均支給額は29万4,400円となる。

さらに、ボーナスの平均支給額を事務職別に比較したところ、1位は「IT事務職」(31万6,000円)、2位は「営業事務」(30万5,000円)、3位は「人事事務」(30万3,000円)だった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ