売れすぎ? トヨタ「RAV4」のPHVが受注停止


トヨタ自動車はSUV「RAV4」のプラグインハイブリッド車(PHV)の受注を一時停止した。発売したばかりの新型車を売ることができなくなった理由は、搭載するバッテリーの生産能力が追い付かなくなったため。このクルマ、トヨタの予想を上回る受注を獲得しているようだ。

○2020年度内の受注分が終了

RAV4はトヨタが2019年4月に日本市場で復活させたSUV。2019年度には登録車のSUVで最も売れた人気車種だ。そのRAV4にトヨタは、外部からの充電が可能なハイブリッドシステムを搭載するPHVを追加。既存のハイブリッド車に比べ高出力なフロントモーターとインバーターを搭載し、大容量・大出力の新型リチウムイオンバッテリーと組み合わせることで、システム最高出力を225kWに引き上げた。RAV4のPHVはフル充電状態なら最長95キロのEV走行が可能。フル充電かつガソリン満タンの状態であれば、航続可能距離は1,300キロを超えるという。

RAV4 PHVの価格は469万円~539万円。トヨタは月間販売目標を300台としていたが、すでに現状の生産能力を大幅に上回る注文が入っているそうだ。同社としては、来年度の補助金などの内容が不確定であることを踏まえ、年度内の生産対応分をもって受注を一時停止することを決めた。注文受け付けの再開時期は現時点で未定だが、決まればあらためて案内するとしている。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ