専用・横取り…今さら聞けないメルカリ用語集

ラジオライフ.com

2020/6/30 11:05


フリマアプリの「メルカリ」は、販売が終了した希少なDVD-BOXや、押し入れに放置されているゲーム機などが手軽に売買できることから、今ではメジャーなサービスとなりました。しかし、その独特のルールや個人間でのやり取りに不安を感じ、利用をためらっている人も少なくありません。

専用・横取り…今さら聞けないメルカリ用語集

メルカリ用語で「3N」は暗黙のマナー


そこで、初めての人向けに知っておきたいメルカリ用語集を解説しましょう。まず「3N」は、ノーキャンセル・ノークレーム・ノーリターンの略。メルカリの公式ルールではありませんが、オークションにおける暗黙のマナーです。

「フォロー」は、自分好みの商品を出品している人を登録して、簡単にアクセスできるようにするメルカリの機能のこと。出品者の新着出品を通知することもできます。

「いいね!」は、気に入った商品を登録する機能で、ヤフオク!でいうところのウォッチリスト。商品の購入を即決できない場合は「いいね!」を付けておきましょう。

メルカリ用語で「専用」は、コメント欄で売買の交渉がまとまり、購入希望者“専用”に出品すること。他者に購入されるのを防ぐために行われますが、これも公式ルールではありません。

「即購入」は、出品者にコメントをせずに商品を購入すること。公式ルールでは即購入を基本としていますが、「即購入NG」の出品者も多いので要注意です。

メルカリ用語の「横取り」でトラブル


メルカリ用語の「取り置き」は、即決できない購入希望者のために、他ユーザーには販売せず商品を取り置いておくこと。給料日待ちのケースが多いようです。「プロフ必読」は、プロフィールページに取引に関する注意点を記載しているので、読んで下さい…という意味。トラブルを避けるために記載します。

「オファー」は、出品者に購入希望額を提示して、他の閲覧者に知られずに価格交渉ができる機能。一部商品でのみ使用できる、実験的な機能です。「事務局」は、メルカリの運営事務局のことで、トラブルが起きた場合に窓口となっています。アプリの「マイページ」から問い合わせましょう。

メルカリで「横取り」は、専用や取り置きをしている商品を、別ユーザーに購入されること。ルール違反ではないがゆえ、トラブルに発展しやすい行為になります。原則は早い者勝ちです。

「メルボ」は、メルカリボックスの略。メルカリの疑問や質問をユーザー同士で解決する交流の場です。「メルカリ便」は、ヤマト運輸や郵便局が提供する、メルカリの商品専用の配送方法。匿名配送が可能で、送料は全国一律なので使いやすい配送方法です。

当記事はラジオライフ.comの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ