前澤友作氏「お金配りおじさん」で商標登録 事業は「生きがい」

fumumu

2020/6/30 08:30


前澤友作

27日、ファッション通販サイト「ZOZO」創業者で「株式会社 小さな一歩」を立ち上げた前澤友作さん。

「お金配りおじさん」で商標登録を行い、SNSを中心に賑わせました。

■800万フォロワーでお金配り


28日にフォロワー700万人突破記念で1000人に10万円を配布した前澤さん。「お金ばらまき」というワードに抵抗がある人が多いことがわかり「お金配り」に訂正。プロフィールも変更して再出発をしました。

今回、残念ながら外れてしまった人は、次回800万フォロワー突破で再びお金配り企画を行うため、その際にチャンスがある模様。「分かりやすく100万フォロワー増えるごとに毎回やりますか?笑」と、こまめな企画の実施を匂わせました。


関連記事:前澤友作氏、フォロワー700万人突破で“お金バラまき”実施 ヒカキンも祝福

■商標登録も


「お金配り」という文言に変えてから、「お金配りおじさん」で商標登録も出したそう。「以後よろしくお願いします」というかしこまった挨拶とともに、ユーモア溢れる「どうもどうも」というメッセージ付きの自身の似顔絵をアップしました。

ツイッターのリツイート数がプレゼント企画でなくても、多く数万単位のリツイート数がつく前澤さん。さすがツイッターも「金配りおじさん」でトレンド入りです。

■「生きがいなんだ」


前澤さんは再度、お金を配る理由について説明した上で、お金を稼ぐ事業づくりのために声や注目を集めていることに触れます。

そして、事業を作る理由について、「事業を作ることは本当に楽しいんだ。仲間(社員やスタッフ)と一緒に商品やサービスを作って、多くの人に喜んでもらったり、悩みを解決してあげたり。そんなことをするのがおじさんの生きがいなんだ。そしてここだけの話、おじさん、事業を作るのがちょっとだけ得意なんだ」と説明しました。

■「こういうスタイルが好きです」


世間からは、「これはすごいww まさしく今を生きる、という。こういうスタイルが好きです」「花咲爺さんですかw」「笑ったwwwwwwwwww」と、面白がる声が多く寄せられています。

商標登録をしたということは、今後も継続してプレゼント企画を行うということでしょう。楽しみですね。

・合わせて読みたい→前澤友作、総額10億円のお年玉を配布 昨年の10倍の規模で参加者殺到

(文/fumumu編集部・Amy)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ