「乃木坂46の優しいメンバー」秋元真夏、バナナマン日村には“冷たいお言葉”

クランクイン!

2020/6/30 06:00

 乃木坂46・秋元真夏が28日放送の『乃木坂工事中』(テレビ東京/毎週日曜24時)にリモート出演。グループのメンバーが選ぶ「乃木坂46で一番優しいメンバー」第3位となった後、MC・バナナマン日村勇紀に放った“優しいメンバー”らしからぬ一言に、ネット上で「めちゃ笑った」「真夏さん、さすが」などと反響が集まった。

この日、行われた新企画「乃木坂46イメージランキング」で、「乃木坂46で一番優しいメンバー」第3位となった秋元。4期生・矢久保美緒の「何度も優しい言葉をかけて頂きました」、3期生・阪口珠美の「悩んでいたときに、それを察してメールして下さる」といった声に喜ぶ一方で、「正直1位だと思いました」とぶっちゃけて笑いを誘う一幕もあった。

また、第2位となった樋口日奈について中田花奈が「泣いてる人がいたら真っ先に駆けつけてそばにいてあげてます」と明かすと、バナナマン日村勇紀が両手で目を押さえ泣き真似をしてみせる。樋口が「大丈夫? どうしたの?」と優しく声をかけると、日村は「へっへっへっへ...」と泣いているとも笑っているとも取れる不気味な声を上げ続け、樋口を困惑させた。

その後、第1位が高山一実であることが発表されると、優しいメンバーTOP3の秋元・樋口・高山とバナナマンとのアフタートークが展開。日村が、樋口とやりとりしたときと同様、泣き真似をしてみせると、高山が困ったように「誰がいく?」とポツリ。秋元が「いいよ行かなくて」と言い放つと、設楽は「メンバーに嫌われてるみたい」とツッコみ、ネット上には「『いいよ行かなくて』と言った真夏さん、さすが」「最後めちゃ笑った」「いいよ行かなくては悲しいw」と“優しいメンバー”らしからぬ発言に反響が集まった。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ