路上生活者が豪邸と美人嫁をゲット! 高収入の理由とは一体?

fumumu

2020/6/29 20:45

乞食(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
可哀想な身なりを演出し、観光客からのお布施をアテに生きる「職業乞食」が度々話題にあがる中国。

この度イケメンすぎる乞食が豪邸を購入したことがわかり、現地で大きな話題を呼んでいます。

■観光地で乞食「役」


中国・河南省に住む職業乞食である李金剛さんの一日は、顔に煤を塗りたくることからはじまります。

ボロボロの服を着たあとは小さなお茶碗と棒切れを持ち、各観光地で佇むのが仕事。そう、彼は本物の乞食ではなく、観光地で乞食の演技をする俳優なのです。

李さんが着用するのは、ただのボロ着ではなく「宋時代」の衣装。彼は「時代劇に出てくるような乞食」を全身全霊で演じるため、この仕事を始める前に3日ほど断食、本物のホームレスに交じって生活し、動きや表情を観察しました。


関連記事:中国の規制緩和でビーチに人が殺到 不潔な行動に現場からは悲鳴

■パフォーマンスが大成功


最初はもちろん白い目で見られ、大変な日々が続いたと言います。しかし、彼は乞食パフォーマンスを諦めませんでした。

ぽかん、と口をあけ、バカっぽい表情を作ること、そして歌や踊りを通行人に見せ、動画を撮影させる作戦が成功した李さんはすぐさま中国のネット上で話題の人となったのです。

「よく見たら可愛い」「意外とイケメンでは?」というファンまでついたと言います。

■大きなお家と嫁をゲット!


そのどこか「可哀想で可愛い」姿を中国のネットユーザーは盛んに拡散。彼は俳優としての給料以外にも、一日に約6000円のチップ収入を得るまでに成長したとのこと。

一躍有名人になった李さんは、その後40坪ほどの家を購入し、美人妻もゲット。今でも白い目で見る人はいますが、「自分が稼いだお金で家族を養えるのは喜ばしいですよ。その上僕の演技で観光客の皆さんが喜んでくれるなら、『乞食役のくせに…』といった他人の声は気にしません」とポジティブな考えを持っていることも明かしています。

人は見かけによらないとはまさにこのことでしょう。見えるものだけで判断するのは勿体ないのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→顔相鑑定㊸:柄本佑はアジメン顔 セクシーさの秘密は目にあった!

(文/fumumu編集部・AKO)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ