『攻殻機動隊 SAC_2045』草薙素子、「anan」表紙に登場! イリヤ・クブシノブが描きおろし

クランクイン!

2020/6/29 18:00

 アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』の草薙素子が、7月8日発売の女性グラビア誌「anan」2208号「体感せよ!エンタメの最新系」特集(マガジンハウス)の表紙に、イリヤ・クブシノブによる描き下ろしビジュアルで登場することがわかった。

ジャパニーズSFアニメーションの金字塔であり、世界中の人々を熱狂させている『攻殻機動隊』。その最新作で、Netflixで配信中の『攻殻機動隊 SAC_2045』は、シリーズ初のモーションキャプチャー技術を取り入れた3DCG作品。舞台や設定にも現代的な要素が反映され、今の時代に合わせてアップデートされた、全く新しい『攻殻機動隊』になっている。

特集では、神山健治監督、荒牧伸志監督に制作の裏側と作品に込めたメッセージについて質問するなど、今作の魅力を深く考察。さらにシリーズ全ての作品で草薙素子の声を演じる声優の田中敦子や、作品の大ファンである西川貴教へのインタビューも掲載し、作り手と受け手の両方から熱狂の声を伝える特集となっている。

表紙を手掛けたのは、人気イラストレーターであり、『攻殻機動隊 SAC_2045』のキャラクターデザインを手がけたイリヤ。いつも強く凛々しく男たちを率いて戦う草薙素子少佐がふとした時に見せた、ふわっと柔らかく女性らしい表情を、見事に描ききっている。

さらに、新たなフェーズに進化する“エンタメ最新系”大特集では、今年、新型コロナウイルスの影響で大打撃を受けているライブ、舞台、映画などエンターテインメント界をレポート。東方神起らが参加するオンラインライブの未来形「Beyond LIVE」のレポートや、今田耕司、仲里依紗、かまいたち、江頭2:50が語る動画配信の面白さ、さらに斎藤工、湯浅政明、宇川直宏が考察する映像エンタメの未来など、逆境の中でもファンと共に、あらゆるジャンルで新たな文化を生み出している人々の最新の動きを徹底的に特集する。

アニメ『攻殻機動隊 SAC_2045』の草薙素子が表紙を飾る「anan」2208号は、マガジンハウスより7月8日発売。特別定価650円(税込)。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ