『エヴァ×箱根』開催期間延長決定! フォトスポットや等身大フィギュアも展示

小田急グループでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響により一部の施策を休止していた「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」の第2期の実施期間を9月30日(水)まで延長し、7月1日(水)から「第3新東京市スタンプラリー」等を再開するとともに、新たに大涌谷駅への「フォトスポット」の設置や、箱根ロープウェイ「コラボレーションチケット」の発売、箱根強羅公園他での「等身大フィギュア」の特別展示を決定した。

『エヴァンゲリオン』は、1995年のTVシリーズ『新世紀エヴァンゲリオン』の放送から始まった、世界的に人気の高いアニメーション作品。未曾有の大災害「セカンドインパクト」後の世界を舞台に、人型決戦兵器「エヴァンゲリオン」のパイロットとなった14歳の少年少女と、次々に襲来する謎の敵「使徒」との戦いを描いている。
2007年からは映画新シリーズ『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』がスタートし、これまでに3作が公開された。作品以外でも、コミック・ゲーム・グッズ・ファッションなど様々なメディアにも展開し、幅広い世代に絶大な人気を誇っている。

小田急グループでは、箱根を舞台にした人気アニメ『エヴァンゲリオン』との大型コラボレーションイベント「エヴァンゲリオン×箱根 2020 MEET EVANGELION IN HAKONE」を、2020年1月10日から第1期・第2期にわたり開催中だ。

新たなイベントとして、7月1日(水)から、イベント期間中に箱根ロープウェイ各駅窓口で発売するチケットのデザインをエヴァンゲリオン仕様に変更。表面には当イベント限定のキービジュアル(6種類)、裏面には各機体(1種類)がデザインされている。

また、大涌谷駅2階「大涌谷 駅食堂」前へ、ロープウェイゴンドラ内から一望できる大涌谷と富士山の雄大な景色と人気キャラクター達がコラボレーションした垂れ幕を掲出。大涌谷園地での観光とあわせて記念撮影を楽しむことができる。

さらに箱根強羅公園(一色堂茶廊店内)には「綾波レイ」(零号機 パイロット)、大涌谷駅入り口横、売店内には「式波・アスカ・ラングレー」(2号機 パイロット)、元箱根港下船口横には「渚カヲル」(Mark.06パイロット)の等身大フィギュアを特別展示決定! 
フィギュア展示場所は、「第3新東京市スタンプラリー」のスタンプ設置箇所と隣接しており、スタンプデザインの機体に搭乗するパイロットが展示される。

9月30日(水)まで期間が延長されるイベントは、「第3新東京市スタンプラリー」やロマンスカー車内販売限定オリジナルコースターのプレゼント、期間限定イベントオリジナルグッズ販売など。

そのほか、全天候型温泉アミューズメントパーク「箱根小涌園ユネッサン」でも、劇中に登場する場面をイメージしたイベント風呂「L.C.Lの湯」の期間延長や、イベント第1期に好評だった「セカンドインパクトの湯」の復活をはじめ、コラボフード・ドリンクの新メニュー販売、館内ラッピングなどを引き続き実施するほか、体験型新イベントの計画について近日発表予定だ。

また、特設サイトを2020年6月26日(金)15時に更新。サイト内では上記の内容を含む最新情報が公開されている。

(C)カラー

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ