無理に飾らない自分でいたい! 自然体で日々を過ごすために意識したいこと

fumumu

2020/6/29 18:00

疲れる女性(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「周りの目を気にして、つい見栄を張ってしまう…」 視線を気にして過ごす日々に、ぐったりしていませんか? fumumu取材班が、自然体で過ごすコツを聞いてきました。

(1)素直に頼る


「膨大な仕事をひとりだけで抱えていたときは、プライドもガチガチになっていた気がします。ヘルプを求めることが、情けないと思っていたんですよね。


周りの人が気遣ってくれても、『大丈夫ですから!』と突っぱねてしまったり…。社会人経験が長くなって、最近は素直に人に頼れるようになりました。


変なプライドを捨てて、周囲の力を借りることで、肩の力がいい感じに抜ける気がしています。なにもかも自分でやろうと思わないことが、気持ちに余裕を持つコツなんじゃないでしょうか」(20代・女性)


関連記事:「もう少し図太くなりたい…」 周りを気にしてしまう性格をやわらげる方法

(2)人を区別しない


「肩書きや役職で、人を区別しないことが大切だと思います。人をありのままに見られなくなると、自分自身も、周りから区別されている気になるんですよね。


相手が何気なく言ったことに、いちいち『いま下に見られた?』と卑屈になってしまったり。周りの目がどんどん気になって、自然体で過ごせなくなると思います。


周りをどう見ているかって、結局は自分に跳ね返ってくるんですよ。自分が自然体で過ごしたいなら、まずは立場は関係なく周りの人を見る必要があると思います」(20代・女性)

(3)人の一部と比べない


「自然体で過ごそうと思っても、周りと比べてつい背伸びをしてしまうこともありますよね。少しくらいなら、向上心にも繋がるのでいいと思うんですけど…。


周りと比較しすぎて、そのままの自分を嫌いにならないように注意が必要だと思います。誰かと比べるときって、相手のいいところと、自分の悪いところで比べがちな気がしますから。


相手にも短所はあるのに、なぜか比較するときは、長所に見えている相手の一部とだけ比べてしまうんです。比較することがどうしてもやめられないなら、ちゃんと相手のできていないところも含めて、客観的に相手との違いを考えたほうがいいと思います」(20代・女性)

誰かを羨んでばかりの日々だと、いつしか自分の長所にも目を向けられなくなるかもしれません。

個々の能力は違うと割り切って、自分らしく日々を過ごしていきたいですね。

・合わせて読みたい→好きな人じゃないけれど…付き合ってみるメリット3つ

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ