MOROHA、ドキュメンタリー映像作品『其ノ灯、暮ラシⅡ』発売決定、単独ライブ『私語厳禁』の詳細も発表

SPICE

2020/6/29 18:00


MOROHAの新しいドキュメンタリー映像作品『其ノ灯、暮ラシⅡ』が8月26日(水)にユニバーサルシグマより発売となる。

『其ノ灯、暮ラシⅡ』は奇才・エリザベス宮地監督による、MOROHAの軌跡を刻んだドキュメンタリー。 オリコンウィークリーチャートTOP10入りを記録し、急遽全国の映画館で公開された前作から3年、待望の新作が完成した。 続編となる今作は、2018年MOROHAのメジャーデビューから2019年Zepp DiverCityでのワンマンライブまでの2年間を記録した作品で、MOROHAの葛藤の日々や、彼らの楽曲を聴く人々の日常を、前作以上に深く描いた映像となっている。



今作はその続編に加え、DISC-2には昨年7月に超満員の中行われた日比谷野外大音楽堂でのワンマン「単独」の映像をフルサイズ収録が決定している。また、今作の解禁に合わせて特報ティザーとジャケット写真も公開となった。
『其ノ灯、暮ラシⅡ』
『其ノ灯、暮ラシⅡ』

さらに、7月12日(日)に渋谷WWW Xで行われる新たな単独ライブ『私語厳禁』の詳細も明らかになった。これはMOROHAのTwitter上のみで開催が予告されていたもので、ソーシャルディスタンスに則った限られた客数のみのライブとなるが、同時に有料配信されることも決まった。いずれもイープラスにてチケットは7月4日(土)に発売される。

【MOROHA アフロ コメント】
「其ノ灯、暮ラシⅡ」、これはプロモーションビデオではなくドキュメンタリーだ。
ダサい姿も不都合な言葉も収まっている。
「MOROHAのライブに行かなくなった。」
っていうお客まで追いかけた。
エリザベス宮地のカメラは、文字通り音楽の向こう側まで辿り着いた。
俺にとっての「密接」とは何なのか。
コロナ前夜の映像にその答えがあった。

【エリザベス宮地 コメント】
「何に震えて 何を感じ 何を愛し 何処に向かい 何故に刻むのか」
半年間、それらの問いと向き合い続ける編集の日々でした。
諦めかけた、ではなく、何度も諦めました。
MOROHAとも連絡が出来ない日々が続きました。
もう何度目かの闘いに敗れた時、緊急事態宣言ですべての撮影がなくなり、この作品の編集だけが残りました。
死の気配が漂う東京の一室で、自分に出来ることはこの作品と向き合い続けることだけでした。
先述した問いの答えが、この作品の中にあるかどうかは分かりません。
だけど、自分やMOROHAが向かうべき道は、この作品の中にあるような気がしています。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ