アウトドアでも大活躍! 夫婦で使える多機能子育てリュック「Jumply」が登場

d3362f91-1337-458f-a43b-40526be344b6-1
Image: knplanning LLC

こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。

ライフハッカー[日本版]より転載:

子育ては夫婦の共同作業。…となれば、育児グッズを一緒に使う機会も、自ずと多くなるものです。家の中で使うものなら気にならないかもしれませんが、外で利用するバッグなどのアイテムだと、気になるのはやっぱりデザイン。

あまりにかわいらしいデザインだと、男性は使いにくいと思うかもしれない。一方で、無骨なデザインではちょっと…という女性もいるでしょう。
ee079292-0caa-4322-b570-0bde2bb78c24-1
Image: knplanning LLC

そこで今回ご紹介したいのは、オーストラリア発の子育てリュック「Jumply」です。オムツ収納スペースやマルチ防水シートなど、子育てに便利な機能がたっぷり詰め込まれています。machi-yaでクラウドファンディングを実施している同製品の魅力とは? さっそくチェックしていきましょう。

便利すぎ! 子育てを助ける機能がズラリ勢揃い

machiya_03
Image: knplanning LLC

上に掲載した写真をご覧いただくと、その多機能っぷりがおわかりいただけるはず。スマホやICカードをしまえる「スキミング防止ポケット」やティッシュの取り出しに便利な「左サイドポケット」などなど、かゆいところに手が届く機能が随所に盛り込まれています。
machiya_04
Image: knplanning LLC

中でも珍しいのが「オムツ収納スペース」でしょう。オムツ替えに役立つ、「マルチ防水シート」が付属しているのも嬉しいポイント。これを敷けば、公園のベンチなどの屋外でも、すばやく対処できますね。
machiya_05
Image: knplanning LLC

「ベビーカーバックル」も、実に子育てリュックらしい機能の1つ。ベビーカーのハンドルに直接リュックを下げられるので、荷物が重いときなどに重宝するでしょう。ただし、お子さまを抱き上げる際は、リュックの重みでベビーカーが倒れないよう注意してくださいね。

アウトドアで大活躍な撥水仕様

GIF_02
Image: knplanning LLC

本体には撥水加工生地を使用。止水ファスナーが採用されており、急な雨でも問題ナシのタフな仕様 です。上のGIF動画でも、しっかりと水を弾いているのが確認できますね。
machiya_08-1
Image: knplanning LLC

また、内部は2層構造になっており、1層目はPVC加工が施された仕様。使用済みのオムツや、汚れた衣類などを安心して収納できます。

収納力や背負い心地にも注目


リュックの使い勝手を左右する、容量は25L。合わせて17のポケットと仕切りが配されており、オムツやタオル、おもちゃなどの荷物を整理して収納できます。
machiya_11-1
Image: knplanning LLC

収納できる荷物の目安は、写真の通り。財布や帽子、飲み物、おもちゃほか、お母さん+子ども2人分の荷物だって、ちゃんと収まるスグレモノです。
machiya_14-1
Image: knplanning LLC
machiya_15
Image: knplanning LLC

背面の両サイドにある「メッシュクッション」は、空気の流れを作るので夏でもムレにくく快適! 肩からのズレ落ちを防ぐ「チェストストラップ」も、安定感をアップさせるために欠かせない存在です。屋外での使用も、しっかりと配慮されていますね。

machiya_17
Image: knplanning LLC

ユニセックスデザイン&子育てに役立つ機能がてんこ盛りな「Jumply」は、machi-yaでクラウドファンディングを実施中。一般販売予定価格19,580円から15%OFFの16,643円で支援できる、お得なリターンが用意されています。

本体サイズやQ&Aなど、詳細をご覧になりたい方は、下記リンク先を要チェックです!

>>オーストラリア生まれの多機能子育てリュック「Jumply」の支援はこちら

Image: knplanning LLC

Source: machi-ya

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ