トレエン斎藤、別人のような“憔悴ショット”にファン心配 「急に老けた?」

しらべぇ

2020/6/29 17:20




お笑いコンビ「トレンディエンジェル」の斎藤司が28日、同日阪神競馬場で行われたG1「宝塚記念」の予想をはずしたことをインスタグラムで報告。

テンションガタ落ちの顔写真をアップしたところ、「え? 誰?」「急に老けた?」「こんな顔だったっけ?」とネット上がザワつく事態になっている。

■生気失った表情





「宝塚記念で負けたらこれよ。宝塚記念 クロノジェネシス強すぎ やられたね」とコメントを添え、うつろな目でカメラを見つめる憔悴ショットをアップした斎藤。

当日は2番人気だったクロノジェネシスが圧勝という結果に終わったが、斎藤の予想は見事にはずれてしまったようで、「お金は地道に稼ぎましょう」と言葉をつづり自戒した。

生気が感じられないその表情と、普段よりなぜか薄く感じる頭頂部からは、斎藤の負のオーラが漂ってくるが、よく見ると加工跡らしきものも見られ、実際の写真なのかは真偽不明である。


関連記事:トレエン斎藤の“前髪を結んだ写真”に心配の声 「すごく引っ張られてる」

■5月以降予想が下り坂


斎藤は、芸能界を代表する競馬フリークの1人として知られ、これまでも予想イベントにゲストで登場するなど競馬に対する深い造詣を明らかにしてきた。

現在は、『日刊ゲンダイ競馬』にて、競馬必中コラム「斎藤さんだぞ!」を連載しており、春のG1戦線では「桜花賞」「大阪杯」などは的中したものの、5月以降は下り坂で、5月2日のコラムでは「資金も乏しくなってまいりました」、同16日には「やばい、負けている。負けているぞ。まったくかすらなかったNHKマイル。もう背水の陣やで」と切羽詰まっていることを吐露していた。

■「老け顔になるアプリか?」


そんなこともあってか、宝塚記念惨敗で、さらにやつれてしまった斎藤。

覇気が完全に消えてしまった様子に、ファンからは「イケメンオーラも髪の毛も馬券と一緒に散りましたね」「一瞬、誰だかわかんなかった」「なんか老けてませんか…お爺さんになってるー」と心配する声が上がっている。

一方で、うっすら頭頂部や目の下に写真が加工された形跡が見えることから、「加工した!?」「老け顔になるアプリか?」「わらったー!」と胸をなでおろす声も散見されている。

・合わせて読みたい→トレエン斎藤が「イケメン俳優」に変身 プリンターを使った驚愕のトリックとは

(文/しらべぇ編集部・キモカメコ 佐藤

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ